日替わりアラカルト(1月23日)

収穫=なし

今日は雨。明日から雪が降るとの予報です。先日、近所を徘徊していると、マンサクの花が咲き始めました。
マンサク

マンサクは「ウラクロシジミ」の食樹。九州では祖母・傾山系と九州中央山地にしか生息していないそうで、数も少なく簡単にお目にかかれない代物のようです。
マンサク

日替わりアラカルト(1月22日)

収穫=ヒメアカタテハ

天気も良いので四王寺山麓まで行きましたが、蝶果もなく帰り道に「水城跡」に立ち寄りました。「水城」は唐と新羅の攻撃に備えて築かれた大宰府の防衛施設でその土塁が今も残っています。その防塁に樹木が生い茂り、北風を遮るので南面は暖か。キタテハ狙いで探してみました。
水城
                           「水城跡」



【ヒメアカタテハ】 撮影日2018.1.21 場所「太宰府市 水城跡」
土手の裸地で見つけたときは、あまりに小さいのでテングチョウかと思いました。
ヒメアカタテハ

16日18℃、17日~21日は14℃~12℃と平均気温を上回った暖かい日が続いたので、ひょっとすると羽化したのかもしれません。外縁の白毛も揃っていて大変綺麗な状態です。
ヒメアカタテハ

食草のヨモギも生えているし環境としてはよさそうですが、明日から寒波がまたやってくるとか。この冬を乗り切れるでしょうか。ちょっと心配です。
ヒメアカタテハ

日替わりアラカルト(1月19日)

収穫=ムラサキシジミ

午後1時過ぎに晴れ間が出てきたので散歩に出ました。気温13度で北西の微風。日当たりを歩いているとコートが不要なほどの暖かさ。なんとなく良さげな感じです。
ロウバイ
                          「ロウバイ」

【ムラサキシジミ】 撮影日2018.1.18 場所「春日市 春日神社近辺」
ムラサキツバメを期待していたのですが、またまたムラシです。今日は3~4匹飛んでいました。他のモデルが出てこないので仕方ありません。
ムラサキシジミ

今日みたのはオスばかりでした。
ムラサキシジミ

頭上から降りてきて、濡れた枯れ葉にとまり動かなくなりました。どうやら吸水しているようです。
ムラサキシジミ

拡大するとこんな感じです。口吻は短いですね。
ムラサキシジミ

日替わりアラカルト(1月17日)

収穫=ムラサキシジミ

急に3月がやってきました。予報では最高気温17℃、晴れ。これならキタテハぐらいは飛んでいるだろうと思い外に出ましたが、あいにくの南風。せっかくの日向の暖気も風に飛ばされてしまうので、南風は鬼門です。
オオイヌフグリ
                       「オオイヌフグリ」

【ムラサキシジミ】 撮影日2018.1.16 場所「春日市 春日神社近辺」
いつもの場所に行ってみましたが、南風が吹き込み木立がゆれています。予想通り何も飛んでいません。あきらめずに探していると1匹だけアラカシの葉に止まっていました。
ムラサキシジミ

雲間から陽が差すと翅を広げました。メスです。
ムラサキシジミ

日替わりアラカルト(1月16日)

収穫=ムラサキシジミ

【ムラサキシジミ】 撮影日2018.1.14 場所「春日市 春日神社近辺」
とてもモデルが飛びそうもない寒い日が続いています。それで冬ごもり中のムラサキシジミの様子を見に行きました。1月3日に1匹しかいなかったシリブカガシのねぐらに、もう1匹加わっていました。寄り添うと何だか暖かそうにみえます。
ムラサキシジミ




シリブカガシは近畿以西に分布する南方系のカシの木で、ムラサキツバメの食樹にもなっています。ふつうブナ科の開花は春ですが、シリブカガシは秋に花を付ける変わり者です。葉は葉脈に沿って凹凸しており、似たものが多いカシの木の中でも識別し安い種です。ムラサキツバメが現れるのを待っているのですが、昨年の夏からまったく姿を見かけません。どこで過ごしているか気になっています。
シリブカガシ
                     「シリブカカシの団栗」
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-