日替アラカルト(6月9日)

収穫=ウラギンシジミ

【ウラギンシジミ】撮影日2017.9.8 場所「大野城市 牛頸山」
丸っこい翅形をした夏型のオスです。少しスレがありますが、まだ観賞に耐えられる状態です。
ウラギンシジミ


こちらは、羽化して日も浅いのか外縁も白く秋型の様相をしています。今日は3匹ほど見かけました。
ウラギンシジミ







【チャバネセセリ】撮影日2017.9.8 場所「大野城市 牛頸ダム」
新鮮ではありませんが、1匹だけ見ました。この種も秋の深まりと共に数を増やしてくるでしょう。
チャバネセセリ

日替アラカルト(9月7日)

収穫=サカハチチョウ

三度目の正直を期待して出かけたのですが、ウラナミジャノメは今日も見当たらず。

【ヒメキマダラセセリ】撮影日2017.9.6 場所「大野城市 牛頸山」
渓流沿いにいつも占有行動をとっている人気の場所があります。堰堤があり滝になっていてチョウにとっては見晴らしの良い場所です。
ヒメキマダラセセリ

かなりくたびれているので、そろそろシーズンも終わりに近づいているようです。
ヒメキマダラセセリ





【サカハチチョウ】撮影日2017.9.6 場所「大野城市 牛頸山」
イチモンジチョウ?と思って近づいてみると、サカハチチョウでした。9月に入って地元で見るのは初めてです。全体的のに今年はチョウの発生が遅れているので、今時分まで生きながらえているのでしょう。
サカハチチョウ

遅いわりには結構きれいな個体です。
サカハチチョウ



【ヤクシマルリシジミ】♀撮影日2017.9.6 場所「大野城市 牛頸ダム」
ダム湖畔で探していると、青黒いシジミがチラチラ飛んでいます。
ヤクシマルリシジミ

ノイバラの新芽に産卵
ヤクシマルリシジミ

ヤクシマルリシジミ

これから秋が深まるにつれて見かけることが多くなってくるでしょう。福岡では迷蝶となっているのですが、土着しているのではないかと思われます。
ヤクシマルリシジミ

日替アラカルト(9月3日)

収穫=ウラギンスジヒョウモン

天気が良かったので久住と阿蘇へ行きました。目的はゴマシジミだったのですが、ポイントが外れて五目撮りになりました。
久住
                         「長者原 より」

【サトキマダラヒカゲ】撮影日2017.9.2 場所「熊本県 瀬の本高原」
まだたくさん飛んでいました。標高は高いのですが、サトキマダラです
サトキマダラヒカゲ



【キアゲハ】撮影日2017.9.2 場所「熊本県 瀬の本高原」
ミソハギに3匹ほど吸蜜に来ていました。
キタテハ


【アカタテハ】撮影日2017.9.2 場所「熊本県 瀬の本高原」
アカタテハ



【ウラギンスジヒョウモン】♂撮影日2017.9.2 場所「熊本県 瀬の本高原」
かなりくたびれていますが、懸命にメスを探して飛び回っていました
ウラギンスジヒョウモン


ゴマシジミを求めて南阿蘇方面に来ましたが空振りでした。
DSCN8299 (440x296)
                       「秋の空と根子岳」

日替アラカルト(9月2日)

収穫=クロセセリ

今日も、ウラナミジャノメを探しましたが見つからず。

【クロセセリ】撮影日2017.9.1 場所「大野城市 牛頸山」
渓流沿いで出会います。
クロセセリ

こちらは別個体、10mも離れていない場所にもう一匹いました。
クロセセリ





【アゲハモドキ】撮影日2017.9.1 場所「大野城市 牛頸山」
2013年8月にあって以来、4年ぶりの御対面です。
アゲハモドキ


5㎝ぐらいの大きさなので迫力に欠けますが、しかしジャコウアゲハに良く似せています。触角が櫛状になっているのでオスなんでしょうかね
アゲハモドキ

日替アラカルト(9月1日)

収穫=ムラサキツバメ

【ヒメウラナミジャノメ】撮影日2017.8.31 場所「大野城市 牛頸山」
ウラナミジャノメの2化が出ているかな?と思い、実績のある場所をまわってみましたが見かけず。代わりにヒメウラナミの3化がちらほら飛んでいました。
ヒメウラナミジャノネ



【ムラサキツバメ】♂撮影日2017.8.31 場所「大野城市 牛頸山」
チョウもこの時期は涼しい場所がお好みのようで、渓流沿いの日向でのんびりしているところに出会います。
ムラサキツバメ

その後、葉に付着した灰汁のようなものをなめていました。
ムラサキツバメ








【ルリシジミ】♂撮影日2017.8.31 場所「大野城市 牛頸山」
白っぽいのでサツマかなと思いつつ撮ってみると、ルリでした。
ルリシジミ

新しそうなルリを今日は4匹ほど見かけました。
ルリシジミ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-