日替わりアラカルト(4月20日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=アカタテハ

【ミヤマカラスアゲハ】♂ 撮影日2018.4.19 場所「大野城市 牛頸ダム」
ダム湖畔の植栽、ヒラドツツジも八分咲きになりました。吸蜜に現れないかと待っていると1匹登場。
ミヤマカラスアゲハ

ツツジに訪花した写真でうまく撮れた記憶はあまりありません。花に頭を突っ込んでしまうので、こんな写真ばかりになってしまいます。
ミヤマカラスアゲハ






【アカタテハ】 撮影日2018.4.19 場所「大野城市 牛頸ダム」
アカタテハは4~5匹見かけましたが、どれもボロな個体ばかりです。食草のカラムシも膝丈ぐらいになり、越冬チョウの産卵シーズンもそろそろ終わり、世代交代が迫っているようです。
アカタテハ




【サカハチチョウ】 撮影日2018.4.19 場所「大野城市 牛頸山」
今日も2匹見ました。
サカハチチョウ

日替わりアラカルト(4月19日)

収穫=ツマキチョウ

今日は、近所で撮影会です。神社の林縁で獲物を探していると、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、コミスジが高いところを行き交っていました。いずれも初見でしたが撮影チャンスは来たらず。次回に持ち越しです。

【ツマキチョウ】♀ 撮影日2018.4.18 場所「春日市 春日神社」
低空飛行で飛んでいましたが、なかなかとまりません。いつもこのモデルを撮るときは、いらいらしてきます。
ツマキチョウ

ようやくとまるのを確認して忍び寄ると、すぐに飛び立ち飛び去ります
ツマキチョウ

周回コースが決まっているようで、しばらくすると舞い戻ってきます。ようやくカラスノエンドウに訪花したところを撮りましたが、冴えない写真です。
ツマキチョウ

日替わりアラカルト(4月17日)

収穫=サカハチチョウ

【ミヤマカラスアゲハ】♀ 撮影日2018.4.16 場所「大野城市 牛頸ダム」
先日見かけた場所に行ってみると、黒いアゲハが吸蜜しています。そろそろと近づくと派手な弦月紋が目に入ってきました。あまりお目にかかれないメスです。
ミヤマカラスアゲハ

吸蜜モードになっていなかったのか、あっさり切り上げて飛び去りました。
ミヤマカラスアゲハ





【ミヤマカラスアゲハ】♂ 撮影日2018.4.16 場所「大野城市 牛頸ダム」
メスのいた場所に30分後に訪れてみると、今度はオスが吸蜜中。
ミヤマカラスアゲハ

後翅に明瞭ではありませんがミヤマの証、白帯がみえます。出来れば肛角付近まではっきりと太い白帯が続いている個体を探しているのですが、なかなか出会えません。
ミヤマカラスアゲハ







【サカハチチョウ】 撮影日2018.4.16 場所「大野城市 牛頸山」
1匹目は桜林の下草から飛び立ちました。おや!テングチョウ?と思ったら、サカハチチョウでした。初見です。
サカハチチョウ

2匹目は渓流沿いのクサイチゴの花にやって来ていました。
サカハチチョウ

やっぱり、出始めのモデルは綺麗ですね。
サカハチチョウ

日替わりアラカルト(4月14日)

収穫=スジグロシロチョウ♀
快晴の良い天気だったのですが、風が強くチョウが飛ぶには不向きの日でした。

【ルリタテハ】 撮影日2018.4.13 場所「大野城市 牛頸ダム」
湖畔の水辺で出会い、ネムノキの幹にとまりました。比較的綺麗な個体です。もう1匹見かけましたが、こちらはボロボロでした。
ルリタテハ




【スジグロシロチョウ】♀ 撮影日2018.4.13 場所「大野城市 牛頸山」
福岡県には、スジグロシロチョウと見分けのつかないヤマトスジグロシロチョウが混在しています。これまで撮影してきたものは、すべてスジグロシロチョウとして掲載してきました。なぜなら、同定が難しいからです。
スジグロシロチョウ

図鑑「フィールドガイド・日本のチョウ」には、条件が諸々記載してありますが理解不能です。
スジグロシロチョウ

比較写真を見て検討しましたが、ヤマトではなさそうな感じ。今後もしばらくこの状態が続きそうです。
スジグロシロチョウ

日替わりアラカルト(4月13日)

収穫=ミヤマカラスアゲハ

【ミヤマカラスアゲハ】♂ 撮影日2018.4.12 場所「大野城市 牛頸ダム」
ダム湖畔の草地にムラサキサギゴケの花が満開になっています。そこに吸蜜にやってきたのを見つけました。
ミヤマカラスアゲハ

普段なら簡単に接近できるのですが、腰痛で即座にかがむことができません。もたもたしているうちに逃げられてしまいました。この他に3匹、ミヤマと思われる姿を見かけました。写りが悪いのですが初見で撮れたので良しとしましょう。
ミヤマカラスアゲハ





【トラフシジミ】 撮影日2018.4.12 場所「大野城市 牛頸山」
昨日とは別の谷筋で出会いました。2日連続で見かけるのは、記憶にありません。渓流に突き出た灌木にとまり翅を広げています。
トラフシジミ

アングルを変えていると、こちらに気づいたのか飛び立ち、同じように太陽を背に向けて開翅します。前が川なので後ろに回り込めず、両翼の翅表は撮れませんでした。
トラフシジミ

1時間後に再度訪れてみると同一個体かどうかわかりませんが近くにいました。年に数回会えれば良いほうなので、この頻度だと今年は当たり年のような気がしてきました。
トラフシジミ

プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2018年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-