日替わりアラカルト(11月8日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=クロマダラソテツシジミ
昨日の続きです。

【ヤクシマルリシジミ】♀撮影日2017.11.6 場所「福岡県 糸島市」
10月初旬に訪れた時にもいました。今日は2匹のメスを確認です。
ヤクシマルリシジミ

前回はさして気にも留めなかったのですが、今回理由がわかりました。海岸にノイバラが繁茂していたので居ついていたみたいです。
ヤクシマルリシジミ






【クロマダラソテツシジミ】♂撮影日2017.11.6 場所「福岡県 糸島市」
岩場を離れて車に戻る途中で青っぽいシジミに出会います。ヤクルリのオスだなと思いつつ撮ってみると後翅に黒斑があります。
クロマダラソテツシジミ

クマソとわかり、あわてて追いかけ翅裏を撮影。高温期型の残存個体のよう。
クロマダラソテツシジミ

しばらく行くと、また別個体が現れました。こちらは比較的新しい低温期型みたいです。肛角の橙色斑は薄くなり全体的に白化が進んでいます
クロマダラソテツシジミ

しばらく翅を広げるのを待ちましたが半開で終わりました。
クロマダラソテツシジミ

4~5匹みつけましたが、周りにソテツはありません。これだけ居るのなら流れ者とも思えず、近くで発生したのでしょう。
クロマダラソテツシジミ

日替わりアラカルト(11月7日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=クロツバメシジミ
快晴・無風。こんな日は海も凪いでいるだろうと思い、クロツを撮りに行きました。
糸島
                         「凪の玄海灘」

タイトゴメはやや赤みが差してきましたが元気そう。
タイトゴメ


【クロツバメシジミ】撮影日2017.11.6 場所「福岡県 糸島市」
10匹ほどがタイトゴメの生えている場所に飛んでいました。とまる場所は岩や砂利の上がほとんどです。
クロツバメシジミ

ホソバワダンも終わりのようで、しょぼしょぼになっています。
クロツバメシジミ

岩場に「ダルマギク」があちこちで咲いていましたが、訪花しているのはヒメアカタテハやアブぐらい。クロツにも好みがあるようです。
ダルマギク

10月初旬にやって来た時はボロな個体ばかりでしたが、今回の方がやや益しな方。ということは、その間発生があったのかな・・・・
クロツバメシジミ

翅表もかなり擦傷が多いようです。
クロツバメシジミ

いずれにしても今年の最終版です。
クロツバメシジミ

日替わりアラカルト(11月6日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=ウラナミシジミ
良い天気が続きます。今日見たのは、モンシロチョウ、モンキチョウ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、ベニシジミ、ムラサキシジミ、チャバネセセリといったところでしょうか。

【ヤマトシジミ】♀撮影日2017.11.5 場所「春日市 牛頸川中流」
田んぼの畔にカタバミが生えています。ヤマトがたくさん飛んでいたので、低温期型のメスを探します。
ヤマトシジミ

あまり青くありませんが、それなりの個体がいました。
ヤマトシジミ





【ウラナミシジミ】♂撮影日2017.11.5 場所「春日市 牛頸川中流」
3匹ほど忙しそうに飛び回っているオスがいました。センダングサもありましたが訪花せず草にとまりすぐに翅を広げます。占有行動中かもしれません。しかし、どれもボロな個体でした。
ウラナミシジミ

日替わりアラカルト(11月4日)

収穫=テングチョウ

【テングチョウ】撮影日2017.11.3 場所「大野城市 牛頸山」
セイタカアワダチソウも終わりに近づいて黒ずんできています。前翅の斑紋からするとメスのよう。
テングチョウ

クズの葉で休憩。
テングチョウ

ノコンギクで吸蜜。天気が良かったせいか5匹ほど見かけました。
テングチョウ




【クロコノマチョウ】撮影日2017.11.3 場所「大野城市 牛頸山」
秋型のでかいメスを探してみましたが、見つけられたのは小ぶりのオスでした。今日出会ったのは2匹だけ。例年になく少ない感じがします。
クロコノマチョウ



【ツマグロヒョウモン】撮影日2017.11.3 場所「大野城市 牛頸山」
オスはボロの個体が多いようですが、メスは今月下旬まで頑張れそうな雰囲気です。
ツマグロヒョウモン

日替わりアラカルト(11月1日)

収穫=ウラギンシジミ
朝から快晴の良い天気。気温も上がりそうなので、これならムラツの開翅シーンがが見れるかもしれないと思い出かけましたが、今日も休みでした。代わりにムラシが五出勤です。

【ムラサキシジミ】撮影日2017.10.31場所「春日市 春日神社近辺」
4匹見られたうち、2匹がオスでした。
ムラサキシジミ

メスです。
ムラサキシジミ






【アカタテハ】撮影日2017.10.31場所「春日市 春日神社近辺」
シリブカガシの樹冠を見上げているとアカタテハがとまっています。腕を伸ばして撮っていると逃げてしまいました。
アカタテハ

しばらくすると舞い戻ってきました。目的は近くに生えている、お茶の花だったようです。
アカタテハ




【ウラギンシジミ】撮影日2017.10.31場所「春日市 春日神社近辺」
秋型らしい大型のメスでした。
ウラギンシジミ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-