日替アラカルト(8月23日)

収穫=キリシマミドリシジミ

例年、お盆頃からヤマキマダラヒカゲの夏型が出てくるので、様子を見に行きました。下界は晴れていたのですが、山頂付近に着くと雲が西から押し寄せて、雨が降りそうな雰囲気です。急ぎ足でポイントを1回りしてきました。
脊振山
             「五ケ山ダム付近から、脊振山頂を望む」

【キアゲハ】撮影日2017.8.22 場所「脊振山 西尾根」
コアカソにとまっていますが、吸蜜をしているわけではありません。見晴らしの良い尾根筋にヒルトッピングで現れたオスです。
キアゲハ



【アカタテハ】撮影日2017.8.22 場所「脊振山 西尾根」
これもヒルトッピングで現れた個体です。狭い場所でそれぞれ縄張りを持っています。
アカタテハ



【ヤマキマダラヒカゲ】撮影日2017.8.22 場所「脊振山 西尾根」
今日、目視で確認できたのは5匹でした。ちょっと少ない気がします。岩場には3匹いました。
ヤマキマダラヒカゲ

上図とは別個体。アカタテハを撮っていると横から飛び出してきました
ヤマキマダラヒカゲ

【同上・同一個体】
夏型らしく眼状紋は大きく発達しています。
ヤマキマダラヒカゲ





【キリシマミドリシジミ】♀撮影日2017.8.22 場所「脊振山 西尾根」
アカガシの周辺を眺めながらの帰り道、樹間を飛んでいたのが運よく低い小枝にとまります。
キリシマミドリシジミ

小枝でウロウロと歩き回り、産卵場所というより居場所を探しているような感じです。数枚シャッターを切った後、開翅することもなく飛び去りました。本日見たのはこの1匹だけ。
キリシマミドリシジミ
スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-