日替アラカルト(10月31日)

収穫=ツマベニチョウ。
秋の迷蝶探索、最終版です。

【カバマダラ】♂撮影日2016.10.25「指宿市・フラワーパーク鹿児島」
最初はツマグロヒョウモンのメスが飛んでいると思い見向きもしませんでしたが、妙に赤っぽいなと思いながら目で追うと、カバマダラではありませんか。あわてて撮影をはじめます。
カバマダラ

テリ張りしているオスで持ち場を巡回し、ときおり気に入った場所にとまります。
カバマダラ

食草「トウワタ」にとまり吸蜜をしますが、占有行動中なので長居はしません。
カバマダラ

ようやく開翅した姿が撮れました。
カバマダラ


【カバマダラ】♀撮影日2016.10.25「指宿市・フラワーパーク鹿児島」
トウワタに取付いているメスもいました。メスは性標がないので、後翅の黒斑は3つです。
カバマダラ






【クロボシセセリ】撮影日2016.10.25日「指宿市・フラワーパーク鹿児島」
飛んでいるセセリチョウはほとんどイチモンジセセリです。その中で日陰の場所で見つけました。食樹はカナリーヤシ。指宿市には街路樹としてかなりの量が植栽されています。おそらく土着しているのではないかと思います。
クロボシセセリ




【ツマベニチョウ】♂撮影日2016.10.25「指宿市・フラワーパーク鹿児島」
ウスキシロチョウに混じってツマベニチョウが飛んでいますが、巡回中のようで斜面を1回りして山に戻ってゆきます。たまたまトウワタの傍を通り過ぎたとき適当にシャッターを切りました。高速で移動するので、この程度の写真しか撮れません。
ツマベニチョウ

しばらくすると、また山から下りてきます。何回か続くうちに飛翔コースがわかってきたので待ち伏せすることにしました。思惑道理にハイビスカスの花にとまります。ちょっと距離があったので近撮はできませんでしたが、翅表が撮れたので目的は達せられました。
ツマベニチョウ
スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-