日替アラカルト(6月30 日 )

昨日の収穫=エゾミドリシジミ。
昨年の7月25日に久住に行き、ミズイロオナガやオオミドリらしきシジミを撮りましたが、時すでに遅くボロボロの個体ばかりでした。新鮮な個体を撮影するため時節を待っていましたが、今日は久住方面も久しぶりの晴れの予報なので取材を決行しました。
瀬の本高原
                   「瀬の本高原と久重連山」



【エゾミドリシジミ】撮影2014.6.29 場所「大分県久重山・瀬の本高原」
牧草地の低地に渓流があり、カシワやコナラなどが生えて小さな森を造っています。そんな所にいました。
エゾミドリシジミ


【エゾミドリシジミ】撮影2014.6.29 場所「大分県久重山・瀬の本高原」
上図とは別個体で、コナラの木の下を歩いていると上から降りてきました。飛んでいる時に青緑の翅表が見えたのでオスのようです。
エゾミドリシジミ

下生にとまって移動せずジッとしていました。そのうちに開翅するかなと思い待っていましたが、翅表は見せてくれませんでした。
エゾミドリシジミ

ミドリシジミの同定はややこしいので、いろいろ比較した結果「エゾミドリ」になりました。同定の決め手は、後翅の赤斑の上下が連続する。中室の端条不明瞭。尾状突起が短いなどです。
エゾミドリシジミ




【アカシジミ】 撮影2014.6.29 場所「大分県久重山・瀬の本高原」
高いところにとまって動かなくなったので、この1カットだけです。
アカシジミ






【ミズイロオナガシジミ】 撮影2014.6.29 場所「久重山・瀬の本高原」
エゾミドリシジミと同じ場所でみつけました。飛翔が苦手のようで、飛び立ってもすぐに着地するので、撮影は楽勝です。
ミズイロオナガシジミ

生まれたてのように綺麗な個体でした。
ミズイロオナガシジミ






【ウラギンヒョウモン】 ♀ 撮影2014.6.29 場所「久重山・瀬の本高原」
高原はまだアザミが、かなり咲いています。標高900m程なので5月下旬の感じでしょうか。
ウラギンヒョウモン

オスのように赤味が強いので、写真で拡大するまでメスとは思いませんでした。
ウラギンヒョウモン

【ウラギンヒョウモン】 ♀ 撮影2014.6.29 場所「久重山・瀬の本高原」
草むらに隠れていたメスですが、上図に比べるとややくすんだ色あいなので目視でメスとわかります。
ウラギンヒョウモン

【同上・同一個体】
ウラギンヒョウモン
スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-