日替アラカルト(5月31日)

収穫=アサギマダラ。 
今日は牛頸山と対面する「四王寺山」に行きました。尾根にアザミやウツギなどが咲き乱れていたので、新しい被写体が撮れないかなと期待しましたが残念ながら五目釣りに終わりました。


【アサギマダラ】♂ 撮影日2012.5.30 場所「大宰府市 四王寺山頂」
後翅の後角あたりに黒いシミのような「性標」があります。
アサギマダラ21



【アサギマダラ】♀撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
メスには「性標」がありません。
アサギマダラ22




【アカタテハ】 撮影日2012.5.30 場所「大宰府市 四王寺山頂」
四王寺山の石碑で占有行動を取っていたためか、飛び立っても同じところにもどって来きます。
アカタテハ58



【ヒメアカタテハ】 撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
ヒメアカタテハ59





【イチモンジチョウ】 撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
前翅の中室の白点がもっと大きければ「アサマイチモンジ」だったのに、と思ってしまいます。残念ながらアサマイチモンジは九州では数例しか確認されておらず、基本的には棲息して居ないそうです。
イチモンジチョウ20



【ゴマダラチョウウ】(春型)撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
山頂付近の「エノキ」の樹上を数匹舞っていました。指をくわえて見ていましたが、一匹が近くの「コナラ」の枝にとまったのを追尾し撮影しました。
ゴマダラチョウ18


【サトキマダラヒカゲ】(春型)撮影2012.5.30場所「大宰府市四王寺山頂」
樹液が出る「コナラ」の周りにバンバン乱れ飛んでいました。
サトキマダラヒカゲ25



【ヒメジャノメ】 撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
ヤブの影にひっそりとまっていました。後翅のジャノメが上から4個、大・中・小・極小と綺麗に並んでいるのが特徴です。
ヒメジャノメ20
【ヒメジャノメ】大・中・小・極小  【コジャノメ】大・中・小・中
ヒメジャノメ21 コジャノメ18




【スジグロシロチョウ】♀(夏型)撮影2012.5.30場所「大宰府市四王寺山頂」
メスの夏型は、黒い筋が太くなり引っ付きあって黒々となっています。
スジグロシロチョウ40



【キタキチョウ】(夏型) 撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
翅表の翅頂の黒さが増し、翅裏のシミも目立たなくなりました。
キタキチョウ41



【ヒメキマダラセセリ】 撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
「ヤエウツギ」で吸蜜しています。
ヒメキマダラセセリ24




【ダイミョウセセリ】 撮影日2012.5.30場所「大宰府市 四王寺山頂」
草むらを飛び跳ねるような飛び方で探っては、ぺっタリとはねを広げてとまります。
ダイミョウセセリ21
スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-