日替わりアラカルト(11月30日)

昨日の収穫=なし。  快晴。
佐賀県との県境「二丈町」に行きました。快晴で気持ちの良い1日でしたが収穫なし。

【唐津湾】正面は東松浦半島、左端に見える台形の島は宝くじで有名な「宝当神社」がある高島です。チョウとは無関係ですね。
風景40



【イチモンジセセリ】(表翅) 撮影日2011.11.29 場所「春日公園・近辺」
午後2時過ぎに家にもどり、散歩に出ました。「デュランタ・宝塚」で吸蜜していたのが飛び立った瞬間です。
イチモンジセセリ
スポンサーサイト

日替わりアラカルト(11月29日)

昨日の収穫=なし。 晴れ。
気温20度を超え昨日より暑く、シャツ1枚ですごせましたが、釣果はさっぱりでした。今日はキタテハが撮れたので1年を通しての比較をしてみます。

【キタテハ】(秋型) 撮影日2011.11.28 場所「春日公園・近辺」
10月頃より秋型が現われ、翅表の色も秋が深まるにつれて赤みを帯びた褐色となります。また外縁部の切れ込みが夏型に比べてより著しくなります。
キタテハ20




『翅表の変化』
【夏型】2011.5.12切れ込み少ない【秋型】2011.11.13赤みが増す
キタテハ21 キタテハ22
【秋型】2011.11.28凸凹が激しい 【秋型】2011.2.27越冬した個体
キタテハ23 キタテハ24




『翅裏の変化』 だんだん色が濃くなってきています。
【夏型】2011.5.12       【秋型】2011.10.5
キタテハ25 キタテハ26
【秋型】2011.10.20      【秋型】2011.11.28
キタテハ27 キタテハ28

日替わりアラカルト(11月28日)

昨日の収穫=ムラサキツバメ ♂。 晴れ。
気温20度前後と気温は高かったのですが、花曇りのため昨日より体感は寒く感じました。その寒さがが開翅を促進させたのか、翅を広げるムラサキツバメが多かったようです。


【ムラサキツバメ】♂ 撮影日2011.11.27 場所「春日神社・近辺」
腰の高さのミカンの葉で開翅してくれました。傷もスレもない綺麗な男性モデルで、接近しても鷹揚な態度で好きなように撮らせてくれました。
ムラサキツバメ24

「クリ」の葉で占有行動をとっているようにみえますが、たんに日向ぼっこをしているだけのようです。
ムラサキツバメ25

手前がメスで、奥にいるピンボケがオスです。近くにメスがいても知らん振りです。
ムラサキツバメ29


今日は花曇りだったので、強い反射がが無かったため、微妙な暗紫色の色調がうまく撮れて満足しています。
ムラサキツバメ26


【ムラサキツバメ】♀ 撮影日2011.11.27 場所「春日神社・近辺」
左前翅の拡大です。紫藍斑の鱗粉が規則正しく並んでいます。
ムラサキツバメ27
上図の全体像です。
ムラサキツバメ28



【ヤマトシジミ】♂ 撮影日2011.11.27 場所「春日公園・近辺」
珍しくオス同士が接近し、開翅していました。どうも左のオスが右をメスと勘違いしているようです。
ヤマトシジミ41



【モンシロチョウ】♂ 撮影日2011.11.27 場所「春日公園・近辺」
モンシロチョウもまだ元気に飛んでいます。
モンシロチョウ18

日替わりアラカルト(11月27日)

昨日の収穫=ムラサキツバメ ♂。 快晴。
気温16度前後と比較的高かったため、収穫もたくさんでした。


【ムラサキツバメ】♂ 撮影日2011.11.26 場所「春日神社・近辺」
オスの撮影は、昨年も含めて2枚目です。オスの開翅姿は時折見るのですが、黒っぽい青のため焦点が合い難く、ボケた写真になってしまいます。今回は被写体まで距離があったわりには、マアマアの写り具合だと思っています。
ムラサキツバメ18

【ムラサキツバメ】 撮影日2011.11.26 場所「春日神社・近辺」
ムラサキシジミより一回り大きく、地色も濃い褐色です。大きな違いは髭みたいな「尾状突起」があることです。
ムラサキツバメ19

【ムラサキツバメ】♀ 撮影日2011.11.26 場所「春日神社・近辺」
「クリ」の葉の上で開翅。
ムラサキツバメ20




【ウラギンシジミ】♂ 撮影日2011.11.26 場所「春日神社・近辺」
秋はメスの姿が多い中、久しぶりにオスを見ることができました。キズやスレの多い個体でしたが、全体が明るいオレンジに染まったオスでした。
ウラギンシジミ19


【ツマグロヒョウモン】♂ 撮影日2011.11.26 場所「春日公園・近辺」
師走に入ろうというのに、不死鳥のように次から次に新しい綺麗な個体が現れます。
ツマグロヒョウモン24




『ちょっと似ているムラサキツバメとムラサキシジミ』
ムラサキツバメのメスの青色はムラサキシジミのオスの青色ににています。 前翅の青色の紋様は中室で途切れたようになり、ムラサキシジミのメスと似た形をしています。

【ムラサキツバメ】♀ 撮影日2011.11.26 場所「春日神社・近辺」
ムラサキツバメ22

【ムラサキシジミ】♂ 撮影日2011.11.26 場所「春日公園・近辺」
ムラサキツバメ23

【ムラサキシジミ】♀ 撮影日2011.11.26 場所「春日公園・近辺」
ムラサキシジミ37

【ムラサキシジミ】 撮影日2011.11.26 場所「春日公園・近辺」
ムラサキシジミ38

日替わりアラカルト(11月26日)

昨日の収穫=なし。 曇りときどき晴れ。
昨日と同様、気温が低く風も冷たかったため、やっと1匹しか見つけることができませんでした。


【クロマダラソテツシジミ】(低温期型) 撮影日2011.11.25 場所「春日神社」
寒空でジッとしていました。今年の低温期型で最も白化した個体でした。参考までに今まで撮ったぶんを、時系列に並べて比較してみました。
クロマダラソテツシジミ31

①【高温期型】2011.10.13    ②【低温期型】2011.10.15
クロマダラソテツシジミ32 クロマダラソテツシジミ33
③【低温期型】2011.11.19    ④【低温期型】2011.11.25 
クロマダラソテツシジミ34 クロマダラソテツシジミ35
【比較点】
1)後角部分の「赤斑」と「黒点」の色が徐々に薄くなっている。
2)後翅の基部に近い「4つの黒点」が薄くなってきている。
3)後翅の中央部の斑紋が引っ付き変化してきている。
4)斑点の周りの白がだんだん拡大し地色の白化が進んでいる。

【牛頸山・山間部】
20日ぶりにダムに行ってみました。イヌビワやホオノキなどが葉を落としすっかり冬の準備ができていました。
風景40
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-