ミカドアゲハ

●黄斑型
【ミカドアゲハ】黄斑型(夏型) 撮影日2011.7.27 場所「春日公園」
「ゴマダラチョウ?」ん・・・「マダラチョウ?」。最初見た時はピンときませんでした。それも暑い最中の2時頃、公園内のカラー舗装の路上で吸水していました。「飛ぶな。飛ぶな・・・」と願いつつ忍び寄り、3回シャッターを押したとき、背後からきた自転車に驚いて飛び立ってしまいました。食草のオガタマノキは見当たらず存在さえ不透明、また樹上高く高速で飛ぶ被写体を捕らえる望遠レンズは無いし。条件が難しい中の獲得で、「ラッキー!」と「我町にもいた。」という二重のうれしさがこみ上げてきました。ひょっとすれば、公園内にはタイサンボクが植樹されているので生息しているのかも知れません。でも、こんなチャンスはそう無いでしょう。
ミカドアゲハ1




【ミカドアゲハ】】黄斑型(春型) 撮影日2013.5.23 場所「牛頸ダム」
ダム湖の水辺に行くと、ナミアゲハのオスが飛んでいると思いました。「まあ、撮ってみるか」と吸水でとまるのを待っていると何か雰囲気が違います。アオスジにしては白っぽいし・・・
ミカドアゲハ103

ちょっと遠目にとまったのですが、ミカドとわかった時はドキドキです
ミカドアゲハ101

2年ぶりにあった「黄斑型」です。2回の撮影チャンスをくれて飛び立ち、もどってはきませんでした。今後、この場所は要チェックです。
ミカドアゲハ102



【ミカドアゲハ】 (春型) 撮影日2014.5.19  場所「牛頸ダム」
昨年の5月24日以来の「帝、降臨!」です。今回の撮影は、あわてる事もなく落着いて撮ることができました。
ミカドアゲハ

ときどき全開までいきませんが翅を開いてくれます。
ミカドアゲハ

吸水に未練があるのか、飛び立っても周りを旋回して近くに着地します
ミカドアゲハ


類似種のアオスジアゲハが近くで集団吸水をしていましたが、仲間に入らず単独行動をしていました。
ミカドアゲハ

この被写体は黄班型で、九州、山口、四国に生息するそうです。他に赤斑型がいて、それは四国、紀伊半島、沖縄方面に住んでいるとの事。
ミカドアゲハ








【ミカドアゲハ】  撮影日2015.5.2  場所「福岡県 柳川市」
アオスジの訪花を見ながら待つこと20分、ようやく登場しました
ミカドアゲハ

吸蜜スタイルはアオスジのように連続した小刻みな羽ばたきではなく、いったん静止してくれるので撮影しやすいタイプです。
ミカドアゲハ

2時間ほど滞在して3匹しか現れませんでした。時期的に少し早かったのかもしれません。
ミカドアゲハ



【ミカドアゲハ】 撮影日2016.5.4 場所「福岡県 柳川市」
大きなオガタマノキのてっぺんに2~3匹飛んでいます。肉眼では確認できませんが、枝先に止まったりしているのでミカドではないかと思いつつ望遠で撮ってみます。
ミカドアゲハ

近年のコンデジは大したもので、10数メートル離れても産卵している様子まで写っています。
ミカドアゲハ

低空で飛んでいた時はアゲハと思いました。オガタマの枯れ葉が積もった場所に着地し、吸水をはじめました
ミカドアゲハ








●赤斑型
【ミカドアゲハ】 撮影2014.9.21  場所「石垣島・於茂登林道」
時間は4時すぎだったのですが、ミカド1匹と数匹のキチョウが吸水していました。
ミカドアゲハ

紀伊半島、沖縄方面は「赤斑型」で九州・山口は「黄斑型」です。四国は両型が混在するとの事。
ミカドアゲハ

【同上・同一個体】
白っぽい九州産しか見たことが有りませんが、沖縄産は青緑色で明らかに翅表の雰囲気が違います。
ミカドアゲハ

【ミカドアゲハ】 撮影2014.9.22  場所「石垣島・於茂登林道」
翌日、吸水にたくさんのモデルが集まっているのではないかと期待してベストタイムの11時30分に来てみましたが、意外に少なく数匹のミカドが来ているだけでした。1匹だけ全開翅している個体がいたので、そっと近づきましたがすぐに逃げられました。
ミカドアゲハ

【ミカドアゲハ・アオスジアゲハ】撮影2014.9.22場所「石垣島・於茂登林道」
同日3時頃また来てみると、期待ほどではありませんが小集団で吸水する場面に会いました。福岡の方では、午前中の方が集まりがよいのですが、石垣では逆のようです。
ミカドアゲハ



【ミカドアゲハ】 撮影2017.7.1 場所「石垣島・於茂登林道」
名蔵ダムに流れ込む小さな渓流があり、そこに水遊びができるほどの浅い堰があります。森の中にぽっかりと空いた空間なのでチョウの吸水場所としては絶好の環境です。
ミカドアゲハ

3年前に来たときより、大きな集団が吸水していて壮観です。開翅して吸水する個体を撮影できなかったのが残念ですが、またの機会に残しておきましょう。
ミカドアゲハ







スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-