アカタテハ

花に樹液に路上に、春夏秋冬季節を選ばず、いつでもどこでも不意に現れるアカタテハ。「お!来たか!」と歓待されるのはなぜでしょう。隙の無い動作や群れない性格、独立自尊がよく似合う「賢者」にみえます。赤シャツに黒のベストのスマートな姿は、都会のコンクリートにもよく似合います。



【アカタテハ】 撮影日2013.5.25 場所「牛頸ダム」
翅がとても綺麗なので、羽化して間もないのでしょう。動きが機敏で、なかなか近づけさせてくれませんでした。
アカタテハ122



【アカタテハ】 撮影日2011.6.22 場所「牛頸ダム・水辺公園」
アカタテハ3



【アカタテハ】 撮影日2011.9.21 場所「春日公園」 
クヌギの樹液を吸汁
アカタテハ13



【アカタテハ】 撮影日2010.9.28 場所「春日公園・近辺」
「オオケタデ」で吸蜜。オス・メスの区別は翅の模様では判別できないそうです。産卵行為か、お尻を見るのかです。
アカタテハ2



【アカタテハ】 撮影日2010.10.19 場所「牛頸山・山間部」
「ノダケ」の花で吸蜜。
アカタテハ1



【アカタテハ】 撮影日2012.10.24 場所「筑前町・夜須高原」
晩秋の個体です。この公園内の日当たりの良いところに、沢山飛んでいました。
アカタテハ102


【アカタテハ】 撮影2014.11.3 場所「牛頸ダム」
北風を受けない南向きの土手で、2匹が寄り添うように日向ぼっこをしていました。単独行動が多いアカタテハですが、牽制し合うこともなくのんびりしています。風のあたらない日向の場所が無かったのでしょう
アカタテハ



【アカタテハ】 撮影日2011.11.21 場所「春日公園・近辺」
コンビニの駐車場を飛び回っていましたが、枯葉を集めた場所にとまりました。木の葉に擬態したつもりでしょうか、余程自信があるのか至近距離まで近づいても逃げませんでした。
アカタテハ21

撮り終わって距離をあけると、ノコノコ枯葉の中から出てきて開翅しました。
アカタテハ22




【アカタテハ】 撮影日2014.2.24(12:09)  場所「牛頸山」
先日ツボミだった梅の花はチラホラと咲き始めました。里の方では満開となっていますが、ここではまだ3分咲きです。k今年は「梅に赤立羽」の図柄を意外に早くゲットできました。
アカタテハ



【アカタテハ】 撮影日2013.3.3 場所「牛頸山」
越冬後の個体です。「梅に蝶」という図柄はピンときませんが、白い花にはチョウが引き立ちます。
アカタテハ111



【アカタテハ】 撮影日2014.3.10(14:22) 場所「牛頸山」
午後から山に行くと風が強かったにもかかわらず、吸蜜に1匹やってきていました。
アカタテハ



【アカタテハ】 撮影日2014.3.16(13:02) 場所「牛頸山」
コツバメの代わりにアカタテハがいました。
アカタテハ



【アカタテハ】 撮影日2014.3.24(11:12) 場所「糟屋郡 若杉山」
このサクラには、3匹のアカタテハが吸蜜に来ていました。
アカタテハ

車で標高を上げてゆくと、あちこちで本種だけを見ます。この山はアカタテハのサンクチュアリかと思うほどでした。
アカタテハ






『アカタテハと食草カラムシ』
ー春版ー
【アカタテハ】 撮影日2012.3.29 場所牛頸ダム周辺」
今日も同じ空地に数匹いたので、どうしてそこに集まるのか、よ~く見てみました。
アカタテハ48

昨年「カラムシ」が群生していた場所で、その根や枯れ草から発する臭いで集まってくるかと推測したのですが、よく見ると「カラムシの新芽」に魅せられて集まって来ているようです。
アカタテハ42

昨年9月の「カラムシ」の群生。
アカタテハ47


非常に小さな芽なのですが、よく探し当てるものだと関心します。たぶん集まってきているのはメスだと思います。若芽にお尻をこすり付けるような産卵行為はまだ見られませんでした。
アカタテハ46




【アカタテハ】 撮影日2014.4.7 場所「牛頸山」
数匹、山の空地で飛んでいました。
アカタテハ

地面を這うように飛ぶ個体がいるので近寄ると、「カラムシ」の新芽が出て来ていました。
カラムシ

よ~く見ると卵が産みつけられています。
タマゴ

瓜みたいな立筋のある卵です。
タマゴ

【アカタテハ】♀ 撮影日2017.5.1 場所「大野城市 牛頸山」
カラムシが、だいぶ大きくなってきました。5月も、まだ越冬個体の産卵期のようです。
アカタテハ

【同上・同一個体】
アカタテハ


ー秋版ー
【アカタテハ】撮影日2011.9.16 場所「牛頸ダム」
カラムシの新芽に何度も止まっていました。カラムシはアカタテハの食草ですが、産卵行動ではありませんでした。
アカタテハ12



ー個体差ー
【アカタテハ】 撮影日2012.4.1 場所「牛頸山」
今日は何故か「アカタテハ」がバンバン飛んでいたので、紋様の個体差があるのかなと思い比較してみましたが、ほとんど一緒のようです。
アカタテハ49 アカタテハ50

アカタテハ51 アカタテハ52


スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-