イチモンジチョウ

【イチモンジチョウ】 撮影日2013.5.25 場所「牛頸山」
今年ようやく撮れたイチモンジです。
イチモンジチョウ101

食樹「スイカズラ」に魅せられて周りから離れません。産卵するわけではありませんが、新芽の裏面に繰り返し止まっていました。
イチモンジチョウ121

裏で何をしているのかわかりません。
イチモンジチョウ103




【イチモンジチョウ】 撮影日2011.5.30 場所「牛頸ダム」
食草「スイカズラ」の新芽に飛来し、逃げる様子もなかったので撮りまくりました。多分メスではないかと推測しているのですが、どんなもんでしょう。メスはオスに較べて「翅型丸く、白帯広く、前脚に長毛を欠く。」と図鑑に記載されていましたが、条件にかなっているかどうかわかりません。ただスイカズラに固執し、いつまでも同じところにいたということだけですが・・・
イチモンジチョウ1

スイカズラの新芽を舐めています。中脚と後脚は見えますが、萎縮した前脚の「毛」がアル・ナシまでは確認できませんでした。
イチモンジチョウ2



【スイカズラ】
この花が咲きだすと、出て来るのはイチモンジチョウです。
スイフヨウ

【イチモンジチョウ】  撮影日2014.5.19  場所「牛頸山」
思惑どうり渓流沿いの石垣にいました。不意に足元から飛び立ち、上流から流れてきた「エゴノキ」の花が溜まった所にとまりますが・・・・
イチモンジチョウ

元いた場所にに戻ります。どうやら食事中におじゃまをしたようです。
イチモンジチョウ

直接かぶりつくのは行儀が悪いのか、いったん近くに降りてから、スルスルと食卓まで歩いて行きます。
イチモンジチョウ

小さな糞なので鳥のかもしれません。
イチモンジチョウ

羽化して間もないのか、基部あたりに生えている白毛が青白く輝いています。
イチモンジチョウ





【イチモンジチョウ】 撮影日2011.5.30 場所「牛頸ダム」
渓流の岩場で吸水。
イチモンジチョウ3


【イチモンジチョウ】 撮影日2011.6.14 場所「牛頸ダム」
渓流沿いの高みからの占有行動。スタンバイしてます。
イチモンジチョウ4




【イチモンジチョウ】 撮影日2015.8.14 場所「大野城市 牛頸山」
5月は見かける頻度は高いのですが、暑い盛りにはあまり見かけません
イチモンジチョウ

暖地では3回の発生なので、2化になるのでしょう。スレは少しありますが綺麗な個体です。
イチモンジチョウ

スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-