ヒメギフチョウ

福岡を出るときは、八ヶ岳山麓で撮影しようと計画をしましたが、今年は遅れているそうで望みうす。こちらに来てからの情報で急きょ場所を変更しました。行先は諏訪湖の東側にある岡谷市です。甲州市塩山を早朝出発、岡谷の現地には9時過ぎに着きました。
八ケ岳
           「八ヶ岳パーキングエリアより八ヶ岳を望む」

【ヒメギフチョウ】 撮影日2017.4.24 場所「長野県 岡谷市」
車を置いて、しばらく山道を歩くきます。南向きの雑木林の斜面にスミレが点在し、このスミレに吸蜜にやってくるのを撮るのがポイントだとか。
ヒメギフチョウ

山道を登ったり下りたりしてウロウロしていると10時頃3~4匹が飛び交う場所に出会います。山から降りてきたモデルがスミレにとまり、10時6分あっけなく撮影。
ヒメギフチョウ

このスミレには、何匹も訪花します。何か特別な理由があるのかもしれません。
ヒメギフチョウ

ヒメギフはギフチョウに比べると、良く止まってくれるので撮影には好都合です。
ヒメギフチョウ

体は毛虫のように毛むくじゃらです。このポイントも、しばらくすると数が少なくなったので場所を変えます。
ヒメギフチョウ





移動したポイントのスミレは花芯が深い種類のようで、モデルが頭を突っ込むため翅をすぐに閉じてしまいます。
ヒメギフチョウ

ようやくまともな写真が撮れました。
ヒメギフチョウ

後翅亜外縁の斑紋がギフは橙色ですが、ヒメは黄色です。
ヒメギフチョウ

翅裏は、こんな感じです。
ヒメギフチョウ

ヒメギフチョウ



11時15分、ある程度の量が撮れたので場所を移動します。しかし他の場所では見当たらず。産地といえども限られた場所にしかいない事がわかりました。
ヒメギフチョウ


スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-