カラスアゲハ

カラスアゲハはオスとメスが模様が異なる性的二型であることをしらず、最近まで別種と思っていました。
それは子供の頃、採集したカラスアゲハのオスを「原色日本蝶類図鑑」で確認したとき、図版に掲載されていた「ミヤマカラスアゲハ(♂)」と勘違いしたのです。図版には「カラスアゲハ♀」と「ミヤマカラスアゲハ♂」の2カットしか掲載されていなかったので、ハヤトチリし長いあいだ「カラスのオス」を「ミヤマカラスアゲハ」と思っていました。現在は「カラスのメス」と「ミヤマのメス」の判別で苦慮しています。

●オス 
【カラスアゲハ】♂(春型)撮影日2011.5.13 場所「牛頸ダム」
オスは、前翅の中室の下あたりにビロード状の長毛(発香鱗)があり識別は容易です。
カラスアゲハ♂(表面)


【カラスアゲハ】♂(春型)撮影日2011.5.13 場所「牛頸ダム」
吸水に渓流の砂地に飛来。吸水に現れるのは、ほとんどオスです。
カラスアゲハ13


【カラスアゲハ】 ♂ 撮影日2013.5.17 場所「牛頸ダム」
今日は新鮮な第一線級のモデルの登場です。ほれぼれする姿にコメントは不要ですね。
カラスアゲハ108

カラスアゲハ110

カラスアゲハ109

カラスアゲハ109


【カラスアゲハ】♂(春型)撮影日2012.5.19 場所「牛頸ダム周辺」
カラスアゲハ44


【カラスアゲハ】♂(春型)撮影日2011.5.13 場所「牛頸ダム」
カラスアゲハとミヤマカラスアゲハの違いは、翅裏の弦月紋の内側に白帯があらわれているのが「ミヤマ」で、「カラス」には有りません。
カラスアゲハ♂(裏面)


【カラスアゲハ】♂(春型)撮影日2012.5.17 場所「牛頸ダム周辺」
カラスアゲハ43


【カラスアゲハ】♂(春型)撮影日2012.5.23 場所「牛頸ダム周辺」
カラスアゲハ45


【カラスアゲハ】撮影日 2013.5.17 
今年出会ったカラスアゲハの中で一番きれいな個体です。前翅はどの個体も同じなので、後翅の比較です。
カラスアゲハ

赤い弦月紋が多い個体や少ない個体、外縁を縁取る鮮やかな青鱗の濃淡など個体差はいろいろです。
1)2013.5.17          2)2013.5.31
カラスアゲハ カラスアゲハ
3)2013.6.5          4)2013.6.6
カラスアゲハ カラスアゲハ





【カラスアゲハ】 ♂夏型 撮影日2014.7.31 場所「脊振山・板屋」
カラスアゲハ

【同上・同一個体】
吸水後の一休みです。肛角の赤斑や赤い弦月紋も消えて、夏型らしい衣装になっています。
カラスアゲハ





【カラスアゲハ】♂(夏型) 撮影日2011.8.16 場所「牛頸山」
クサギの花に現われ、吸蜜はほとんどせず不意に目の前の枝の葉に止まりました。わずかな時間だったので2カットが精一杯でした。
ミヤマカラスアゲハ20

ミヤマカラスアゲハ21





【カラスゲハ】♂ 撮影日2015.9.19 場所「大野城市 牛頸山」
イノシシが掘り返した跡に吸水目的でイシガケチョウやウラギンシジミもやって来ていました。
カラスアゲハ

カラスの翅裏のアップです。白い鱗粉が下から上に広がっています。
カラスアゲハ


吸水に夢中になり、翅を広げてきました。
カラスアゲハ

一旦飛び立ったのですが、目の前にあったオオバコの葉にとまり休憩になりました。
カラスアゲハ

性標のアップです。黒くて長い毛です。
カラスアゲハ






●メス
【カラスアゲハ】♀(春型)撮影日2011.5.9 場所「牛頸ダム周辺」
チョット地味めのメスです。
カラスアゲハ10


【カラスアゲハ】♀(春型)撮影日2012.5.19 場所「牛頸ダム周辺」
カラスアゲハ41


【カラスアゲハ】 春型 ♀ 撮影日2014.6.28  場所「牛頸山」
春型のオスと思ったら、性標がないのでメスでした。しかし地味なメスです。
カラスアゲハ

【同上・同一個体】
カラスアゲハ



【カラスアゲハ】♀(夏型) 撮影日2011.7.29 場所「牛頸山」
山道の路肩で休憩中でした。 前翅から後翅にかけて「黄緑色」がこれだけ強く表れているのは珍しい個体ではないでしょうか。
カラスアゲハ10


【カラスアゲハ】♀ 撮影日2013.8.17 場所「牛頸山」
いろいろカメラの角度を変えてみましたが、発色がよくありません。色調の変化にとぼしい個体です。
カラスアゲハ


【カラスアゲハ】♀(夏型)撮影日2012.9.19 場所「背振山・板屋地区」
ミヤマより出会う率が低いようで5月以来のような気がします。アベリアで吸蜜後、休憩してくれました。
カラスアゲハ50

【部分】
前翅の白帯が線にならず、ぼやけて広がっています。
カラスアゲハ53

【同上・同一個体】
カラスアゲハ52

【同上・同一個体】
前翅裏面の半分は白色になっています。ミヤマの場合は細い白線になります。
カラスアゲハ51



【カラスアゲハ】 ♀ 撮影日2013.9.22 場所「牛頸山」
10時ぐらいに現場に到着すると、黒い影があちこちで乱舞しています。ピークは11時頃で、だんだん少なくなり12時すぎには2~3匹程になります。理由はなんでしょうか。気温?紫外線?満腹度?
カラスアゲハ

後翅の青い鱗粉が日光に当たるとギラリと光ります。肉眼で見ると写真では表現できそうもない鮮やかな色彩です。
カラスアゲハ

赤い弦月紋に白の縁取りがあるので、微妙にピンクがかり青や緑と相まって極彩色の様相を呈しています。
カラスアゲハ



スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-