日替アラカルト(9月26日)

収穫=コムラサキ。

【コムラサキ】 撮影日2016.9.24 場所「春日市 春日公園」
3化になるのでしょうか。5~6匹のオスがヤナギの樹冠を飛んでいます
コムラサキ

午前中の涼しい時間帯では、テリ張りよりも巡回型のようで、枝先を小刻みにメスを探してまわります。ときおり休憩しますが、高い所なので思惑通りには撮れません。
コムラサキ

ようやく目の高さの位置にとまってくれましたが、ワンチャンスだけ。紫色の構造色に輝く姿を撮りたかったのですが・・・・
コムラサキ
スポンサーサイト

日替アラカルト(9月25日)

収穫=クロマダラソテツシジミ。
久しぶりに牛頸川沿いの遊歩道や畑の周りなどを歩いてみました。

【クロマダラソテツシジミ】 撮影日2016.9.24 場所「春日市 牛頸川中流」
畑の角にキバナコスモスが咲いています。ヒメアカタテハやツマグロヒョウモンなどか訪花している中に、ウラナミシジミのようなチョウがいます。撮ってみればクマソです。3年ぶりの対面になりました。
クロマダラソテツシジミ

同じ場所に2匹いたので台風に流されてきたとも思えず、近くに植栽してあるソテツを調べてみましたが寄り付いていません。発生しているならこれから数を増やしてくるので様子を見ようと思います。
クロマダラソテツシジミ

日替アラカルト(9月22日)

収穫=タテハモドキ(秋型)。
台風16号は雨を大量にもたらしましたが、福岡はさほど影響も受けずに無事に通過しました。朝は晴れ間も見えたので、タテハモドキの秋型が出てきている頃だと思いちょっと覗きに行きました。

【タテハモドキ】(夏型)撮影日2016.9.21 場所「太宰府市 四王寺山麓」
稲の穂も色づく季節になり、畦道や休耕田の草むらで10数匹が飛び交っています。しかし、ほとんどが裏面に眼状紋がある夏型ばかりです。
タテハモドキ

休耕田で探していると、珍しく交尾している場面に出くわしました。
タテハモドキ

裏面の白帯が上部にいる方が明瞭なのでメスのようです。
タテハモドキ

近づくとあちこちに逃げ回りますが、飛ぶのはメスばかりでオスはぶら下がっているだけです。図体がでかい割に役に立ちません。
タテハモドキ






【タテハモドキ】(秋型)撮影日2016.9.21 場所「太宰府市 四王寺山麓」
秋型は2匹確認できました。裏面は晩秋にみられるような農褐色ではなく淡い色調です。
タテハモドキ

翅頂付近の翅形は嘴状になり、全体的に角張っています。
タテハモドキ


これだけ沢山いるので食草の「オギノツメ」を探しましたが見当たりません。代わりにタイワンツバメシジミの食草「シバハギ」を見つけました。
シバハギ

日替アラカルト(9月218日)

収穫=ミヤマカラスアゲハ。
彼岸花が満開になったので、ゴージャスなミヤマのメスを撮りに行きました。
牛頸山
                      「棚田跡地の彼岸花」

【ミヤマカラスアゲハ】♀ 撮影日2016.9.17  場所「大野城市 牛頸山」
大型の比較的きれいな個体でしたが、残念ながら後翅肛角あたりが欠損しています。
ミヤマカラスアゲハ

別個体ですが、これも左翅に敗れがあり思惑どうりにはゆきません。
ミヤマカラスアゲハ

【同上・同一個体】
3匹のメスを確認できましたが、無傷の個体には出会えませんでした
ミヤマカラスアゲハ








【クロアゲハ】♂ 撮影日2016.9.17  場所「大野城市 牛頸山」
メスと違って黒々としたオスです。
クロアゲハ

クロアゲハ

クロアゲハを撮っているとミヤマのオスがやってきました。
クロアゲハ

日替アラカルト(9月16日)

収穫=キアゲハ。

【キアゲハ】♀ 撮影日2016.9.15  場所「大野城市 牛頸山」
キアゲハは吸蜜中に羽ばたきをやめて静止してくれるので、とても撮りやすいモデルです。
キアゲハ

鑑賞にたえうる綺麗なモデルだったので拡大します。
キアゲハ

メスを撮っていると、オスが不意に現れ撮影の邪魔をします。比較してみれば黄色が強いのがオスだと直ぐにわかります。
キアゲハ

食事の気がそがれたのか、いったん休憩に入りました。
キアゲハ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-