ウラナミジャノメ

ー春型ー
【ウラナミジャノメ】撮影日2014.6.23場所「大野城市 牛頸山」
「ヒメウラナミ」を見なくなる時期だったので、とまっていたのを良くみると、後翅の眼状紋が3個。あわてて追いかけ回し、数カット撮ることが出来ました。
ウラナミジャノメ

【同上・同一個体】
春型は夏型より大きいとされていますが、この個体はさほど大きくは有りませんでした。眼状紋が夏型に比べると小さめかなと思えるぐらい。
ウラナミジャノメ




【ウラナミジャノメ】撮影日2014.6.25場所「大野城市 牛頸山」
ヒメウラナミは全くいなかったので、3匹見つけることができました。混在していれば、そう簡単にいかったと思います。
ウラナミジャノメ

ヒメウラナミは地面から離れずに低空で飛び回りますが、ウラナミはすぐに高い所へ飛び立つので、中々撮影がうまくゆきません。3匹めのモデルでようやく撮影出来ました。おまけに翅も広げてくれました。
ウラナミジャノメ

本種は6月、ヒメウラナミは4月下旬の発生なので、春型については棲み分けになっているようです。昨年、夏型は混在して飛んでいました。
ウラナミジャノメ







ー夏型ー
【ウラナミジャノメ】撮影日2013.8.26場所「大野城市 牛頸山」
はじめは「ヒメウラナミジャノメ」のつもりで撮っていたのですが、なんとなく蛇の目が少ないことに気付き、半信半疑で撮りつづけました。生態写真を撮り始めて3年、牛頸川流域で62種目をゲットした最初の写真です。福岡県で本種は絶滅危惧Ⅱ類 に指定され、「1970年代から報告が減少しはじめ,1990年代からはその記録もほとんどなくなった。」とレッドデータに記載されていました。
ウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメは後翅の蛇の目は基本的には5個のようですが、本種は3個でした。
ウラナミジャノメ

開翅はしてくれたのですが、ピンボケです。山狩りをして見つけ出し、翅表を再度撮らねばなりません。
ウラナミジャノメ


【ウラナミジャノメ】撮影日2013.8.28場所「大野城市 牛頸山」
一昨日見た場所から約1kmほど離れた山中の空き地で見つけました。その場所は飛び地となっているので、森林の中を飛んで行ったと推定すると無理があり、たぶん別個体ではないでしょうか。探せばもっと居そうな気がします。
ウラナミジャノメ


【ウラナミジャノメ】撮影日2013.8.29場所「大野城市 牛頸山」
この場所にはヒメウラナミも同居していていました。完全な棲み分けではないようです。
ウラナミジャノメ

残念ながら後翅の後部が少し欠損しています。
ウラナミジャノメ

少しボケてはいますが、ようやく開翅した姿が撮れました。後翅の蛇の目はヒメウラナミは2つ以上ですが、本種は1つです。
ウラナミジャノメ




【ウラナミジャノメ】 撮影日2013.8.29場所「大野城市 牛頸山」
この個体は上図と別個体で逃げ足が早く、アッと言う間にブッシュへ入り込みわからなくなりました。ヒメウラナミジャノメに比べると飛翔力があるようで、けっこう早く飛び回ります。
ウラナミジャノメ





スポンサーサイト

ジャノメチョウ

かなり渋めのチョウです。スウェードかヌバックのような質感に濃い褐色の色彩が、落着きと威厳を感じさせます。多くのジャノメチョウは、蛇の目を金環で取り巻き「派手さ」を競いますが、このチョウは金色を廃し「山の隠者」か「僧侶」になったかのような出で立ちで、他の者たちと一線を画しています。
福岡県のレッドデーターブックでは「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されていましたが、2014年には「準絶滅危惧」になりました。少し増加傾向にあるのかもしれません。


ーオスー
【ジャノメチョウ】 ♂ 撮影日2011.7.18 場所「牛頸山」
オスは濃い褐色ですが、メスはベージュっぽい茶色のようです。
オスが7月上旬に現れ、メスは下旬に一回り大きな姿で登場されるそうです。
ジャノメチョウ2

【ジャノメチョウ】 ♂ 撮影日2011.8.1 場所「牛頸山」
ジャノメチョウ14

【ジャノメチョウ】 ♂ 撮影日2011.8.1 場所「牛頸山」
ジャノメチョウ15




【ジャノメチョウ】♂ 撮影日2016.7.4 場所「筑紫郡 那珂川町」
いるにはいましたが、まだ走りのようでオスが2匹いたぐらいでした。
ジャノメチョウ

吸蜜しながらパッパッと翅を開きます。しゃがみ込んで開いた姿を撮ろうとしましたが、上手く行きませんでした。
ジャノメチョウ

こちらは林縁にいた別個体です。
ジャノメチョウ

止まった瞬間に2~3回連続して翅を開きます。しつこく追いかけて、ようやく撮れた1枚です。
ジャノメチョウ






ーメスー
【ジャノメチョウ】♀ 撮影日2013.7.12 場所「牛頸山」
メスはオスより一回り大きく、全体的に色調がベージュっぽい淡い茶色をしています。蛇の目の紋も大きく中心の青鱗粉も発達し存在感があります。
ジャノメチョウ

【同上・同一個体】
ジャノメチョウ




【ジャノメチョウ】♂♀ 撮影日2012.7.22 場所「背振山・背振牧場」
翅色が淡く、サイズもオスより一回り大きいのがメスです。上部がメスで下部の黒っぽいのがオスです。
ジャノメチョウ16

前翅の翅表に現われる「ジャノメ」もオスに比べて大きく、青白鱗も発達しています。
ジャノメチョウ17

交尾していてもメスがいれば、オスが寄ってきます。
ジャノメチョウ19

上部がメスで下部がオス。色調が同じように見えますが、よく見ると下部が黒っぽいようです。
ジャノメチョウ18



【ジャノメチョウ】 撮影日2011.7.18 場所「牛頸山」
前翅の翅形が丸い感じなのでメスのような気もしますが・・・・
ジャノメチョウ1



【ジャノメチョウ】 撮影日2011.8.1 場所「牛頸山」
ノリウツギの花に集まったジャノメチョウ。
メスの翅色がオスの褐色にくらべて色が淡いとされていますが、翅表を確認できなかった為、メスと確定できませんでした。
ジャノメチョウ10

クロコノマチョウ

林縁部の下生えなどに生息し、踏み入れた足元からワサワサと低く飛び出し10m程先の暗い藪に着地します。しかし裏翅が枯葉のような文様ですから、よほど正確に止まった場所をを覚えていないと逃げられ、さらに暗い不気味な所へ導かれます。それは闇へ誘う使者のようで、なにか不可思議な気分にさせてくれるチョウです。

ー夏型ー
【クロコノマチョウ】♂(夏型)撮影2014.7.2 場所「大野城市 牛頸山」
メスに比べるとオスはやや小さく体色も黒っぽいようです。また前翅頂の突出はあまりなく、後翅の尾状も小さいのが特徴です。
クロコノマチョウ


【クロコノマチョウ】♂(夏型)撮影日2014.8.22 場所「大野城市 牛頸山」
触角のように見える短い口吻で吸水しています。水を飲んでいるのを見たのは初めてです。
クロコノマチョウ




【クロコノマチョウ】♂(夏型)撮影日2011.8.19 場所「大野城市 牛頸山」
クロヒカゲを一回り大きくしたぐらいの小振りの夏型でした。
クロコノマチョウ18

参考に「夏型」の♂の部分を添付します。
「夏型」撮影日2011.8.19    「部分」前翅先端部未発達
クロコノマチョウ13 クロコノマチョウ14
「夏型」撮影日2011.7.22    「部分」後翅突起部が未発達
クロコノマチョウ15 クロコノマチョウ16



【クロコノマチョウ】(夏型)撮影日2011.8.22 場所「大野城市 牛頸山」
体長も大きく、前翅の先端が嘴状に長く突出し、後翅の突起も長い尾状になっているので「秋型」のようにも見えます
クロコノマチョウ17




【クロコノマチョウ】♀(夏型)撮影2014.7.2 場所「大野城市 牛頸山」
メスは体色が赤っぽく、前翅頂の突出は秋型に比べると未発達ですが嘴状になっています。
クロコノマチョウ


【クロコノマチョウ】♀(夏型)撮影日2014.8.23 場所「大野城市 牛頸山」
クロコノマチョウ





ー秋型ー
【クロコノマチョウ】♂(秋型)撮影日2011.10.24 場所「春日市 春日神社」
図鑑で見る限り、翅裏が黒く変化に富む紋様はオスの特徴のようです。
クロコノマチョウ28

【クロコノマチョウ】♂(秋型)撮影日2010.10.6 場所「大野城市 牛頸山」
クロコノマチョウ2

【クロコノマチョウ】♂(秋型)撮影日2015.11.4場所「福岡県糟屋郡 篠栗町」
翅裏が黒々としたオスです。メスに比べて動きが早いので、飛ぶ姿を捕えるには無理でした。
クロコノマチョウ






【クロコノマチョウ】♀(秋型)撮影日2013.10.7 場所「大野城市 牛頸山」
陽の光が差し込んだ場所で珍しく撮れたので、自然な色が現れています。赤味が強いのでメスでしょう。
クロコノマチョウ

【クロコノマチョウ】♀(秋型)撮影日2010.10.19 場所「大野城市 牛頸山」
クロコノマチョウ1



【クロコノマチョウ】♀撮影日2016.11.1 場所「福岡県糟屋郡 篠栗町」
気温13℃、寒さのせいか3匹程度しか見かけません。その1匹をしつこく追い回し日向に追い出しました。前翅頂が発達した秋型のメスです。嘴状が大きく反り返り、その影が翅に長く映っています。
クロコノマチョウ

【同上・同一個体】
クロコノマチョウ





【クロコノマチョウ】♀撮影日2015.11.4 場所「福岡県糟屋郡 篠栗町」
秋が深くなると陽が射す場所にとまるケースが多くなるので、飛翔姿を撮る事にしました。明るい場所といっても、木漏れ日が当たるぐらいの場所なので、フラッシュ撮影になります。飛ぶスピードが遅いモデルを選択し、追い掛け回しながら適当にシャッターを切りますが結果はこんなものでした。
クロコノマチョウ

翅頂付近がオレンジ色が強く、白点もはっきりしているのでメスでしょう。
クロコノマチョウ


【クロコノマチョウ】♀撮影日2015.11.4 場所「福岡県糟屋郡 篠栗町」
翅の色調が赤っぽいののでメスでしょうか。大型で立派です。
クロコノマチョウ


フラッシュを使用しないで撮れたので自然な色です。いつもボケた顔で写っていましたが、今日はハッキリしています。
クロコノマチョウ

【同上・同一個体】
しかし、ほこりっぽい顔をしています。
クロコノマチョウ





【クロコノマチョウ】♀(秋型)撮影日2011.10.27 場所「春日市 春日神社」
クロコノマチョウが目の前の草むらに逃げ込んだので、追い出そうと手を延ばしたら、簡単に捕まりました。それでこの際、疑問であった「クロコノマチョウ」か、もしくは「ウスイロコノマチョウ」なのかの同定と、「オス」「メス」の判別を兼ねて、強引に【翅表】と【交尾器】を調べることにしました。
『クロコノマチョウとウスイロコノマチョウの違い』
ウスイロコノマチョウと言う南国にすむ類似種がいますが、判別するための違いは、翅裏ではなく翅表にあるようです。 それは前翅の表面にある2個の白点のうち1個が必ず「黒紋の中心」にあるのがウスイロコノマチョウで、「中心からずれている」のがクロコノマチョウだそうです。 それで閉じたままでは、「同定」ができないので今回捕まえて強引に見ることにしました。
結果、白点のズレを確認できたので、「クロコノマチョウ」と同定できました。
クロコノマチョウ32


【クロコノマチョウ】♂(秋型)撮影日2011.11.1 場所「春日市 春日神社」
左列に昨日撮ったオス、右列に10月27日のメスを並べての比較です。
「翅裏」♂地模様に変化有り。 「翅裏」♀やや明るい感じ。
クロコノマチョウ34 クロコノマチョウ35
「翅表」♂前翅が黒っぽい。   「翅表」♀少し薄い感じ。
クロコノマチョウ36 クロコノマチョウ37
「交尾器・側面」♂先が細い   「交尾器・側面」♀ 太くて尖る。
クロコノマチョウ38 クロコノマチョウ39
「交尾器・腹面」♂       「交尾器・腹面」♀
クロコノマチョウ40 クロコノマチョウ41

翅による雌雄の判別があいまいで同定が難しいようです。交尾器による判別も「毛深くて」判断に迷ってしまうケースも有り、「オス、メスの区別にこだわらないほうが気楽かな」とも思ってしまいます。





【クロコノマチョウ】(越年)撮影日2015.5.1 場所「大野城市 牛頸山」
治山水路に食草のヨシの若葉がでています。今が産卵時期のようで3匹水路沿いで見かけました。
クロコノマチョウ



【クロコノマチョウ】(越年)撮影日2015.5.27 場所「福岡県糟屋郡・篠栗町」
翅頂部分が嘴状に発達していない夏型のようなオスです。越冬した個体では、あまり見かけません。
クロコノマチョウ



【クロコノマチョウ】(越年)撮影日2014.6.4 場所「大野城市 牛頸山」
治水路に繁茂しているヨシの葉先を眺めていると、昨年生まれの越冬蝶がとまっていました。水路に降りてみると、足元から3匹ほど飛び出てきます。このヨシの群落はクロコノマの発生地なのでしょう。
クロコノマチョウ



【クロコノマチョウ】(越年)撮影日2011.6.5 場所大野城市 「牛頸山」
越冬型なのでしょう、翅はボロボロ、裏面はスレだらけでした。上部にいるオオスズメバチが異常に大きいので蝶のほうが小さく見えます。
クロコノマチョウ3



【クロコノマチョウ】(越年)撮影日2014.7.9 場所「大野城市 牛頸山」
昨年生まれの越冬チョウが、コナラで吸汁しています。昨年10月に羽化したとして、10ヶ月近く生きていることになります。
クロコノマチョウ



サトキマダラヒカゲ

5月の中旬に見通しの良い谷間で、すごい勢いで飛び回る黄色の蝶を見ました。「ヒョウモンだ!」思い、着地点に直行。葉陰から見える翅裏をなんとかして撮り、拡大してみれば「ヒョウモン?」何か違う・・。「キマダラ」とわかった時はがっかりでした。しかし春型がこんなスピードで飛翔するとは思いませんでした。その後何度か見ましたが、ヒョウモンのように「滑空」する動作がなく、狂ったように羽ばたく様がすこし品位を落としています。

【サトキマダラヒカゲ】(春型)撮影日2014.4.30 場所「大野城市 牛頸山」
不意に空から舞い降りてきて、道路脇のガードレールの支柱にとまりました。ピカピカの完品です。昨年は5月17日が初見でした。
サトキマダラヒカゲ


【サトキマダラヒカゲ】(春型)撮影日2012.5.19 場所「大野城市 牛頸山」
後翅基部にある「三つの輪」が「くの字型」に曲がっているので「ヤマキマダラヒカゲ」のようにも見えますが、どうも違うようです。
サトキマダラヒカゲ24




【サトキマダラヒカゲ】(春型)撮影日2011.6.1 場所「大野城市 牛頸山」
この蝶は、普通開翅しないので、オス・メスの判別が難しいようです。前翅翅表にある「紡錘形の眼状紋」はオス、「魚形の眼状紋」がメスだそうで、裏面からの判断に困ります。
サトキマダラヒカゲ1

知らないうちにキマダラヒカゲが「サト」と「ヤマ」に分かれていました。どこがドウ違うのか調べて見ましたら、下記の拡大写真にあるように、後翅の基部近くにある「三つの輪」が直線的に揃っているのが「サトキマダラヒカゲ」で、不規則に離れたり曲がったりしているのが「ヤマキマダラヒカゲ」だそうです。微妙で判断しずらいですね。
サトキマダラヒカゲ2

【サトキマダラヒカゲ(春型)撮影日2011.6.1 場所「大野城市 牛頸山」
サトキマダラヒカゲ3




【サトキマダラヒカゲ】(春型)撮影日2011.6.6 場所「大野城市 牛頸山」
下のヤヤ小ぶりで裏面が白化したような個体がチラホラと目視できましたが、これは屋久島型なのでしょうか? 調べる必要性があるようにおもえます。
蝶 026




ーオス・メスの同定ー
【サトキマダラヒカゲ】♀♂(夏型)撮影日2011.8.8場所「大野城市牛頸ダム」
サトキマダラヒカゲは通常「開翅」行動はしないので、翅表を確認するときは飛翔中を撮らなければなりません。
今回、たまたま交尾前の雄が雌を追尾する行為が撮れましたので、翅表が見えてオス・メスの同定ができました。
サトキマダラヒカゲ11

サトキマダラヒカゲ12
前がメスで前翅の第3室の黄紋が「魚形」をしている。

サトキマダラヒカゲ13
後がオスで前翅の第3室の黄紋が「紡錘形」をしている。





ー春型ー
【サトキマダラヒカゲ】(春型)撮影日2013.5.1 場所「小郡市 三沢」
南斜面の土手に、ここはキマダラのコロニーか!と思えるほど、数十匹が乱舞していました。夏のように日陰に居ずに、明るい草原を高速で飛び回っている様子はヒカゲとはとても思えません。
サトキマダラヒカゲ100

今日は寒かったせいか、温まったコンクリートで暖を取っています。
サトキマダラヒカゲ101


後翅の「蛇の目」が翅脈にかからない程の大きさなので「春型」です。
サトキマダラヒカゲ103

ゴブラン織のような重厚な肌合いです。
サトキマダラヒカゲ104






ー夏型ー
【サトキマダラヒカゲ】撮影日2014.7.30 場所「小郡市 三沢遺跡」
夏型は裏面後翅の眼状紋が春型より「大きい」とされています。
サトキマダラヒカゲ

【同上同一個体】
サトキマダラヒカゲ




【サトキマダラヒカゲ】(夏型)撮影日2011.8.22 場所「大野城市 牛頸山」
よく見ると夏型は眼状紋が翅脈いっぱいまでに拡大していますが、春型はよゆうがあります。
サトキマダラヒカゲ28

【サトキマダラヒカゲ】(夏型)撮影日2011.9.5 場所「大野城市 牛頸山」
サトキマダラヒカゲ29

クロヒカゲ

【クロヒカゲ】撮影日2011.6.5 場所大野城市 「牛頸山」
クロヒカゲ1


【クロヒカゲ】撮影日2011.6.3 場所「大野城市 牛頸山」
樹液を求めてコナラに飛来。お隣に赤い斑点の「ヨツボシケシキスイ」がお相伴に預かっています。
クロヒカゲ4


【クロヒカゲ】撮影日2012.7.15 場所「大野城市 牛頸山」
第2化でしょうか、しばらくぶりに出てきました。傷も無い真新しい美品です。
クロヒカゲ23


【クロヒカゲ】撮影日2012.9.10 場所「大野城市 牛頸川中流」
中流域ではほとんど見たことがない「クロヒカゲ」に出会いました。ムラサツバメかなと思えるほど小さな個体でしたが、キズもなくとても綺麗でした。
クロヒカゲ26




【クロヒカゲ】撮影日2015.9.30 場所「八女市 黒木町」
鳥が啄んだときに落ちた柿の種に集まっていました。おいしそうに吸汁しています。
クロヒカゲ


【クロヒカゲ】撮影日2013.10.2 場所「大野城市 牛頸山」
いつも暗い場所にしかいないので、フラッシュ撮影ばかりでした。今日は日差しのあたる場所に出てきたので、自然な色調で撮ることが出来ました。
クロヒカゲ



【クロヒカゲ】撮影2014.11.7 場所「大野城市 牛頸ダム」
クロヒカゲの吸蜜している場面に出会ったのは、初めてです。
クロヒカゲ






●オス 
【クロヒカゲ】♂撮影日2016.5.11 場所「大野城市 牛頸山」
今年初めて見るクロヒカゲです。
クロヒカゲ

占有行動をしているようで、見晴らしの良い場所に移動すれば、すぐに翅を開きます。
クロヒカゲ

前翅中央の内縁にツヤケシ状の性標が確認できるので、オスに間違いありません。
クロヒカゲ



【クロヒカゲ】♂撮影日2011.6.1 場所「大野城市 牛頸山」
樹間の開けた見通しの良い場所で、占有行動をとるオス。 視界に蝶が現れると、見さかいなく突進しメスでなければ、また同じ場所にもどってくる行動を繰り返していました。
クロヒカゲ2






●メス
【クロヒカゲ】♀撮影日2011.6.13 場所「大野城市 牛頸山」
「性標」はありません。
クロヒカゲ5



【クロヒカゲ】♀撮影日2014.6.23 場所「大野城市 牛頸山」
クロヒカゲ

性標がないのでメスのようです。
クロヒカゲ


【クロヒカゲ】♀撮影日2013.10.17 場所「大野城市 牛頸山」
やはり気温の影響でしょうか、珍しく開いて翅表を見せてくれました。性標が見当たらないのでメスのようです。
クロヒカゲ

【同上・同一個体】
クロヒカゲ





プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-