テツイロビロウドセセリ

西表3日目は西部地区の「白浜」です。本来ここでシロウラナミシジミを撮影する予定だったのですが、石垣島で撮影済みとなり気力が半分失せていました。ただ、テツイロビロウドセセリの食樹「デリス」が自生していると聞き及んでいたので現地に向かいました。
白浜
                    「西側の終点・白浜海岸」

豆科のつる性低木で根に有毒成分があるそうです。クズのように灌木を覆うように生えているのですぐにわかります。
デリス
                           「デリス」                    


【テツイロビロウドセセリ】撮影日2017.7.5 場所「西表島 白浜」
半信半疑でこんなところ居るのかなと思いつつ、ウロウロしていると葉裏にとまっているのを見つけました。石垣島でタイワンアオバセセリを見つけたことが役に立ったようです。
テツイロビロウドセセリ

移動しても近くの葉裏にとまります。目で追えるくらいのスピードなので、慎重に近づけば何とかなるようです。
テツイロビロウドセセリ

周りは明るいだけに、葉裏は黒く写ってしまうのでフラッシュ撮影になりました。
テツイロビロウドセセリ




スポンサーサイト

タイワンアオバセセリ

【タイワンアオバセセリ】 撮影2017.7.1  場所「石垣島・於茂登岳登山道」
登山道ど登ってゆきましたが、景観も変わらず蝶影も薄いので、途中から下山してくると、葉裏にまた蛾のようなものがとまっています。
タイワンアオバセセリ

フラッシュ撮影をしてみれば、タイワンアオバセセリ。これは「お初」だったので撮影はドキドキものでした。
タイワンアオバセセリ

南の国のセセリは、みんな葉裏に隠れているのでしょうか。見つけるのは至難の業です。
タイワンアオバセセリ

アカセセリ

【アカセセリ】 撮影日2016.7.25 場所「山梨県 大蔵高丸山頂付近」
山にいるのはヒメキマダラセセリと思いがちなので、赤っぽいセセリの撮影は見逃しがちです。しかし、山頂部でのモデルが少なかったのでなんとなく撮ってみました。
アカセセリ

後日、調べてみれば「絶滅危惧IB類」のアカセセリのようです。
アカセセリ




【アカセセリ】♂撮影日2017.7.30 場所「山梨県 山梨市」
昨年の同時期に、1匹だけ大菩薩山系で出会いましたが、今回はまとまって生息している場所に運よく巡り合えました。
アカセセリ

アカセセリの特徴である、性標内の白線が、はっきり見えます。
アカセセリ




【アカセセリ】♀撮影日2017.7.30 場所「山梨県 山梨市」
メスは少し地味目で黄緑色をし、黄色斑も明瞭です。
アカセセリ

ジャストシーズンだったようで、どの個体も新鮮。
アカセセリ

交尾したツガイもいました。色調と斑点の様子からすれば右がメスみたいです。
アカセセリ






【アカセセリ】撮影日2017.7.30 場所「山梨県 山梨市」
クジャクチョウと仲良く吸蜜したいます。
クジャクチョウ

クジャクチョウ

キバネセセリ

【キバネセセリ】♀ 撮影日2015.7.21 場所「鹿追町 然別湖畔」
少々のことには驚かないような重量感が有ります。実際にかなり近づいても動じず、マイペースで吸蜜していました。
キバネセセリ

九州や中国地方にもいるそうですが高山帯に限られ、北に行くほど数が増えるようです。前翅に丸い灰黄斑がみられるのでメスのようですね。
キバネセセリ




【キバネセセリ】撮影日2015.7.22 場所「石狩市 石狩浜」
海辺のカシワ林にいるのが似つかわしくないようにも見えます。
キバネセセリ



【キバネセセリ】♂撮影日2015.7.23 場所「千歳市 新千歳空港」
空港ビルのプランタに植えてあるマリーゴールドにいました。前翅に灰黄斑がなく無紋。オスみたいです。
キバネセセリ





【キバネセセリ】♀撮影日2017.7.31 場所「山梨県 笠取山山麓」
キバネセセリは単発で偶然見かけるのが普通でしたが。今回の遠征ではイケマの花にたくさん集まっている場面に何度も遭遇し、ちょっと驚きました。曇天の日に活発化するのだとか。晴れの日を望んでいるチョウばかりではなさそうです。
キバネセセリ

前翅に灰黄色の斑点があるのでメスですね。
キバネセセリ


【キバネセセリ】♂撮影日2017.8.2 場所「山梨県 西沢渓谷」
オスもいました。
キバネセセリ

ネッタイアカセセリ

沖縄、八重山で見られる、キマダラセセリぐらいの小ぶりのセセリです。

【ネッタイアカセセリ】 撮影2014.9.19 場所「バンナ公園」
いた場所は、谷間の水辺で木漏れ日が漏れているような場所でした。
ネッタイアカセセリ



【ネッタイアカセセリ】 撮影2014.9.20 場所「バンナ公園」
あまり多くないようで、バンナ山麓以外では見かけませんでした。
ネッタイアカセセリ

【同上・同一個体】
ネッタイアカセセリ





【ネッタイアカセセリ】 撮影2014.9.22 場所「バンナ公園
ネッタイアカセセリ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-