キマダラモドキ

【キマダラモドキ】 撮影日2015.8.1 場所「久住山 瀬の本高原」
カシワ林の縁でモデルを探していると、キマダラヒカゲのようなチョウが数匹下生えの笹藪から飛び出します。1匹遠目で捕えることができたので、拡大すると狙っていたキマダラモドキです。新鮮な個体ではありませんでしたが、また1種新しいモデルを撮ることが出来ました。
キマダラモドキ




【キマダラモドキ】 撮影日2015.8.1 場所「阿蘇 高森町」
オオムラサキのいた餌場の近くに、遠慮がちにとまっていました。
キマダラモドキ

【同上 同一個体】
キマダラモドキは「準絶滅危惧」になっているので、数も多くないのでしょう。久住に引き続き撮れたので幸運でした。
キマダラモドキ






【キマダラモドキ】 撮影日20159.9 場所「阿蘇市・高森町」
本種は6月下旬から7月中旬に発生し、夏眠して8月下旬から9月にかけて産卵するとか。
キマダラモドキ

【同上 同一個体】
切株にとまってくれました。夏眠後とは思えない程きれいな姿を保った個体です。
キマダラモドキ




【キマダラモドキ】♀ 撮影日2016.9.9 場所「久住山 瀬の本高原」
クヌギ林の下生えから飛び出してきたので、止まった先を覗き込むと雰囲気がちょっと違います。撮ってみればキマダラモドキ。うまい具合に撮りやすい場所に出てきてくれたので、全貌を捉えることができました。
マダラモドキ

そして、やおら翅を広げます。これまで開翅シーンを撮ったことがなかったのて、値千金のショットとなりました。
キマダラモドキ

後翅眼状紋の内側の淡色帯の幅が広いのでメスみたいです。
マダラモドキ
スポンサーサイト

シロオビヒメヒカゲ



【シロオビヒメヒカゲ】撮影日2015.7.16(1110) 場所「北海道 層雲峡」
吸蜜していましたが人影に驚いたのか地上に降りて来てくれました。お目当てのモデルです。

シロオビヒメヒカゲ

シャッターを2度切った時に飛び立ち、偶然翅表が撮れましたがピンボケです。しかし、良しとしましょう。
シロオビヒメヒカゲ

また、元いた花で吸蜜を始めました。
シロオビヒメヒカゲ

ベニヒカゲ

【ベニヒカゲ】 撮影日2015.7.21(8:45)場所「上士幌町 幌鹿峠」
道路沿いでホソバヒョウモンを探していると、上下動しながらフキの茂みをとんで行く黒っぽいチョウに出会います。タビラコのような黄色の花にとまりますが、すぐに飛び立ち中々捕えられません。
ベニヒカゲ

着地した時に2~3度、翅を広げますが通常は閉じているようです。フキの葉にとまりますがアングルが悪くカメラを移動させたときに逃げられました。
ベニヒカゲ

ダイセツタカネヒカゲ


【ダイセツタカネヒカゲ】撮影日2015.7.17(10:51)場所「大雪山コマクサ平」
ガレ場をけっこう速いスピードで飛び回り、石にとまるチョウがいます。なかなか止まった現場に近づけず撮影に手間取りました。
ダイセツタカネヒカゲ

標高1700m以上の高山帯に生息し、岩や礫の多い場所を好むそうです
ダイセツタカネヒカゲ

ウスイロコノマチョウ

鹿児島以南には生息しているようで、あとは迷蝶あつかいになっている様子です。「夏型」は眼状紋が発達し、裏面は波状紋様になっているので、近縁のクロコノマチョウとは区別は明らかです。しかし、「秋型」になると判別は難解になります。


【ウスイロコノマチョウ】 撮影2014.9.19 場所「バンナ公園」
谷間に降りて行くと、林縁から飛び出してきて数m先でとまります。ウスイロはまだ見たことが無かったので見つけた時はうれしくなりました。それも希望の夏型です。
ウスイロコノマチョウ



【ウスイロコノマチョウ】 撮影2014.9.19 場所「バンナ公園」
別個体を撮っていると、偶然に飛び立った瞬間をとらえました。前翅の黒斑内の白点が約束通りに中心近くにあります。
ウスイロコノマチョウ





【ウスイロコノマチョウ】 撮影2014.9.24 場所「バンナ公園」
前回、撮った個体は後翅が大きく破れていたので再撮をもくろんでいたところ、都合よく新手が現れてくれました。
ウスイロコノマチョウ


【ウスイロコノマチョウ】 撮影2014.9.24 場所「バンナ公園」
つぶれたイヌビワの実を吸汁しています。
ウスイロコノマチョウ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-