日替アラカルト(7月17日)

【休刊のお知らせ。】
しばらく留守いたしますので、7/18~月末まで休刊します。
風景16
             「2週間ほど、お休みです」
スポンサーサイト

日替アラカルト(7月15日)

収穫=ヤクシマルリシジミ。
長雨が続いていましたが、ようやく午後から晴れになりました。山に行ってみましたが、これといったモデルは姿を見せません。キチョウにルリシジミ、アオスジアゲハ、イシガケチョウぐらいでサッパリでした。

【ヤクシマルリシジミ】♀ 撮影日2016.7.14 場所「大野城市 牛頸ダム」
公園のサツキで青っぽいシジミが飛んでいます。「ああ、ヤクルリのメスだな。」とすぐにわかりました。
ヤクシマルリシジミ

とまって開翅している時の青さは白っぽく見えますが、飛んでいる時の方がキラキラと濃青色に輝きます。
ヤクシマルリシジミ

日替アラカルト(7月11日)

収穫=ヤクシマルリシジミ。
タテハモドキの夏型が羽化していないかと隣町に行ってみましたが全然ダメでした。

【ヤクシマルリシジミ】 撮影日2016.7.10 場所「大宰府市 四王寺山」
鳥の糞を吸汁しているのを見つけました。
ヤクシマルリシジミ

接近したカメラが気になったのか飛び立ち、木の葉にとまります。
ヤクシマルリシジミ

しばらく翅を閉じていましたが、徐々に翅を広げ始めます。
ヤクシマルリシジミ

全開の姿です。ルリシジミより深い青色で、太い黒縁が前翅から後翅まで続いているところが特徴でしょうか。
ヤクシマルリシジミ

日替アラカルト(7月10日)

収穫=クロヒカゲ。

【ルリシジミ】 撮影日2016.7.9 場所「大野城市 牛頸ダム」
昨日の雨で遊歩道が濡れています。今日はあちこちでルリシジミが吸水に来ていました。
ルリシジミ

春先の開翅シーンは良く見かけるのですが、夏場はなかなか見ることができません。今朝は涼しかったせいか久々に撮れました。
ルリシジミ


【クロヒカゲ】 撮影日2016.7.9 場所「大野城市 牛頸ダム」
2化のクロヒカゲが出てきました。
クロヒカゲ

日替アラカルト(7月8日)

収穫=モンキアゲハ。

【ヤクシマルリシジミ】♂ 撮影日2016.7.7 場所「大野城市 牛頸ダム」
大きさはルリシジミほどですが、翅表の青色が濃いシジミです。ツバメシジミに似た色合い。
ヤクシマルリシジミ

最近、ようやく飛翔中の個体を識別できるようになりました。
ヤクシマルリシジミ



【ツバメシジミ】♂ 撮影日2016.7.7 場所「大野城市 牛頸ダム」
小ぶりのヤクルリかな?と思ったらツバメでした。まだまだ素人です。
ツバメシジミ



【ルリシジミ】♂ 撮影日2016.7.7 場所「大野城市 牛頸ダム」
砂地の近くのアラカシの葉にとまります。こちらは正真正銘のルリです。同じ場所に3種もいると紛らわしいですね。
ルリシジミ



【モンキアゲハ】♂ 撮影日2016.7.7 場所「大野城市 牛頸ダム」
ようやく2化の夏型が出てきました。
モンキアゲハ

この時期暑すぎて、日向で吸水するのは見かけません。日陰の涼しい場所が好みです。
モンキアゲハ

外縁の白毛も綺麗です。最近、羽化したのでしょう。
モンキアゲハ

吸水後の休憩です。
モンキアゲハ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-