日替アラカルト(6 月28日)

収穫=クロアゲハ。
午後から雨の予報だったので、10時過ぎに山に覗きに行きました。

【クロアゲハ】♂ 撮影日2016.6.25 場所「大野城市 牛頸山」
新鮮な個体で、どうやら夏型の登場です。
クロアゲハ

枯葉にたまった雨水を吸水しています。
クロアゲハ




【サツマシジミ】♂ 撮影日2016.6.25 場所「大野城市 牛頸山」
サツマシジミ

吸水後の休憩です。
サツマシジミ

曇りで涼しかったためか、珍しく翅を広げ始めます。全開しそうな雰囲気だったのですが、風が吹いて閉じてしまいました。
サツマシジミ
スポンサーサイト

日替アラカルト(6 月26日)

収穫=イシガケチョウ。
1週間ほど長雨が続いています。午前中、雲が薄くなったので山に行ってみると、また雨がしとしと降ってきました。雨宿りをしながら、いつもの場所を一回りしてみました。

【キタキチョウ】夏型 撮影日2016.6.25 場所「大野城市 牛頸ダム」
公園のあずまやで雨宿りしていると、キチョウが飛んできて石畳で吸水を始めました。逆光だったので、夏型らしく翅表に発達した黒帯がよく見えます。
キタキチョウ




【イシガケチョウ】 撮影日2016.6.25 場所「大野城市 牛頸ダム」
牛頸山では今年、イシガケの発生が少ないように感じます。例年であれば、渓流沿いやダム湖の水辺で多数見かけるのですが・・・
イシガケチョウ

雨天に強い本種ですが、見かけたのは2匹だけでした。
イシガケチョウ




【アオスジアゲハ】♀ 撮影日2016.6.25 場所「大野城市 牛頸ダム」
雨上がりに、葉上で休んでいました。
アオスジアゲハ

お腹が、はち切れんばかりに大きいのでメスのようです。
アオスジアゲハ

日替アラカルト(6 月18日)

収穫=サツマシジミ。
ダム周辺や林縁を歩きましたが、サツマがいたぐらいで蝶影がありません。こんな日もあるだろうと早々に引き上げました。

【サツマシジミ】♂ 撮影日2016.6.17 場所「大野城市 牛頸ダム」
ダム湖の水位が下がり、砂地が現れてきました。そんな場所にいました。
サツマシジミ

ダム周辺はヒメジョオンが満開です。
サツマシジミ




【コムラサキ】♂ 撮影日2016.6.17 場所「春日市市 春日公園」
3時過ぎに、ふとコムラサキはどうしているかと思い近くの公園に行きました。いつもの柳の木を見上げると、樹上を数匹がテリトリーを争って飛んでいます。
コムラサキ

敗れたオスは対面に生えているスダジイに陣取り、態勢を整えて懲りることなく柳の木に向かいます。
コムラサキ

迎え撃つ方は日当たりのよい高見でにらみを利かしています。
コムラサキ

日替アラカルト(6 月17日)

収穫=クロシジミ。
クロシジミがそろそろかなと思い例年現れる場所に様子を見にゆきました。黒いアゲハ類は端境期なのか全く見かけず、スジグロシロチョウがちらほら飛んでいるぐらいでした。
オカトラノオ
                   「咲き始めたオカトラノオ」

【クロシジミ】 撮影日2016.6.15 場所「大野城市 牛頸山」
ポイントを一回りして少し早かったかなと思いつつ山道を歩いていると、足元からかなり早いスピードで上空に舞い上がったシジミに出会います。ヒノキに枝先にとまりますが肉眼では識別できません。
クロシジミ

ムラサキシジミかなと思いながら、コンデジの最大倍率で撮ってみればクロシジミです。
クロシジミ

6mほどの高さにとまっているので、角度をあれこれ変えて撮ってみましたが、これが精いっぱい。移動する様子もなくジッとしているので根負けし、枯れ枝を投げつけると、すごいスピードで飛び去りました。緩慢な動きの種と思っていたのが誤りだと分かりました
クロシジミ





【ムラサキツバメ】♀ 撮影日2016.6.15 場所「大野城市 牛頸山」
今年初めて見たムラツです。開翅はしませんでしたが、飛んでいる翅表からすればメスでした。
ムラサキツバメ

マテバシイのヒコバエに産卵しにやって来たようで、その周りから離れずにいました。
ムラサキツバメ

日替アラカルト(6 月14日)

収穫=ウラナミジャノメ。
午後から晴れる予報だったので、10時過ぎに地元の山に行きました。

【ウラナミジャノメ】 撮影日2016.6.13 場所「大野城市 牛頸山」
昨年は見ることができなかったウラナミジャノメとの久々の対面です。春型ヒメウラナミが居なくなるころ入れ替わりで登場するので、草むらを飛んでいたときウラナミと思い追いかけました。
ウラナミジャノメ

しかし、かなり傷んだ個体です。しばらく周りを探してみましたが、この1匹だけでした。探す時期が遅かったのかもしれません。
ウラナミジャノメ

素直に開翅もしてくれました。ウラナミの後翅のジャノメは1つです。
ウラナミジャノメ




【ヒメウラナミジャノメ】 撮影日2016.6.13 場所「大野城市 牛頸山」
いないと思っていましたが、残党がいました。
ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミの後翅のジャノメは2つ以上です。
ウラナミジャノメ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-