日替アラカルト(4月26日)

収穫=ジャコウアゲハ。

これまで綺麗なジャコウアゲハのオスとは縁がなく、ボロな個体ばかりだったので是非とも撮影しようと福岡市の西区に行きました。朝から晴れの予報だったんですが、どんよりとした雲が空を覆っています。しかし今後しばらく天気が悪くなる日が続きそうなので実行にうつしました。

【ジャコウアゲハ】 撮影日2016.4.25 場所「福岡市西区 室見川」
オスは4~5匹いるにはいましたが、時すでに遅くどの個体もボロボロで、竹藪でメスを求めて飛ぶばかりです。
ジャコウアゲハ

メスもウマノスズクサを探すばかりで、アザミなどに訪花することもなく忙しそう。
ジャコウアゲハ





1時間ほど土手にいましたが、ラチがあかないので場所を変えることにしました。次のポイントは海岸の防風林です。現場に着くとミヤコグサが咲いていました。しかしシルビアは、ここにいません。
ミヤコグサ


【ジャコウアゲハ】♂ 撮影日2016.4.25 場所「福岡市西区 糸島半島」
松林の中に50mほどウマノスズクサが生えている場所があります。そこに10数匹のジャコウが乱舞していました。オスの方が多く、ゆらゆらと風に乗ってメスを探しています。
ジャコウアゲハ

下草にとまった個体もけっこう見かけます。
ジャコウアゲハ

ダイコンの花で級蜜するオス。
ジャコウアゲハ


キレイなオスがとまっていたので近撮していると・・・・
ジャコウアゲハ

やおらオスが乱入してきました。
ジャコウアゲハ

メスと勘違いしているようで、執拗に交尾しようと迫っています
ジャコウアゲハ

左のオスはジッとしているだけなので、右は気力が失せたのか、我に返ったのか・・・・。
ジャコウアゲハ




【ジャコウアゲハ】♀ 撮影日2016.4.25 場所「福岡市西区 糸島半島」
メスもいました
ジャコウアゲハ

ウマノスズクサに産卵するメス
ジャコウアゲハ
スポンサーサイト

日替アラカルト(3月27日)

収穫=アゲハ。スジグロシロチョウ。
ミヤマセセリを一昨年の3月24日に撮影したので、今日あたりはと期待して出かけましたが空振り。しかし初見が2つありました。

【アゲハ】 撮影日2016.3.26 場所「糟屋郡 篠栗町」
あれ、何?このチョウは。飛んでいる姿が、あまりの小ささにアゲハとは思えず、着地するまで識別がつきませんでした。アゲハの初見で3月は初めてだと思っていたら、13年に16日の記録がありました。
アゲハ



【スジグロシロチョウ】♀ 撮影日2016.3.26 場所「糟屋郡 篠栗町」
一般的にオスがメスよりも早く発生しているケースが多いのですが、初見がメスになりました。昨年の初見は牛頸山で同日の26日。
スジグロシロチョウ

今日みたのは、この一匹だけです。
スジグロシロチョウ

日替アラカルト(3月26 日)

収穫=アカタテハ。
コツバメでもと思いつつ、山に行きました。ソメイヨシノが5分咲きだったので、ルリタテハが吸蜜に来ていないかと、あちこち探してみましたが見当たりません。風が冷たかったせいか、みんな引きこもってしまったようです。
牛頸山


【アカタテハ】 撮影日2016.3.25 場所「大野城市 牛頸山」
寒さに負けず、唯一現れたモデルです。例年「カラムシ」が生える土手を低空飛行で飛んでいます。地面を調べてみましたが、まだ新芽は出ていません。しかし、アカタテハには臭いを感じるのか、その場所を離れず懸命に探していました。
アカタテハ

日替アラカルト(3月25日)

収穫=ベニシジミ。
午前中は10度以下の曇天でしたが、1時過ぎより晴れ間が見えてきました。日が差すと習慣とは恐ろしいもので、外に出なくてはと思うようになってしまい、近所を散歩しました。

【ベニシジミ】 撮影日2016.3.24 場所「春日市 牛頸川中流」
牛頸川の川底の遊歩道でみつけました。初見だけに外縁の白帯も生え揃い、とてもきれいな個体です。
ベニシジミ

ノゲシの花が気に入ったのか、丁寧に花の一つ一つを漁っていました。
ベニシジミ

日替アラカルト(3月24日)

収穫=キタテハ。

【キタテハ】 撮影日2016.3.22 場所「春日市 春日神社近辺」
タンポポにキタテハの図柄。春らしい景色なので掲載します。
キタテハ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-