日替アラカルト(9月29日)

収穫=メスグロヒョウモン。
今年の5月29日にオスを見つけてから4ヶ月後に、ようやくメスを見つける事ができました。

【メスグロヒョウモン】♀ 撮影日2015.9.28 場所「糟屋郡 篠栗町」
薄暗い山道を歩いていると足元から黒っぽいチョウが日向の方へ飛び立ちました。滑空する姿に白い斑紋が見えたので、大慌てで追跡し下草にとまったのを確認して接近します。
メスグロヒョウモン

カヤの葉にとまり翅を開閉して緊張している様子。
メスグロヒョウモン

6月生まれとは思えないほど綺麗なメスで、羽化後すぐに夏眠に入ったのかもしれません。側面から撮ろうと回り込んだ時に気付かれ逃げられました。このアングルからの写真だけでしたが、福岡産のメスグロが雌雄そろったので大満足です。
メスグロヒョウモン





【ムラサキツバメ】♂ 撮影日2015.9.28 場所「糟屋郡 篠栗町」
木漏れ日の射す山道で行ったり来たりしていたので「テングチョウ?」と思い、覗き込んでみればムラツでした。湿った場所で吸水しています
ムラサキツバメ

ムラサキツバメ



【ウラギンシジミ】♀ 撮影日2015.9.28 場所「糟屋郡 篠栗町」
角張ったメスが出て来ました。
ウラギンシジミ



【休刊のお知らせ】
所用で留守しますので30日はお休みです。
風景16
スポンサーサイト

日替アラカルト(9月28日)

収穫=イシガケチョウ。

【イシガケチョウ】 撮影日2015.9.27 場所「大野城市 牛頸山」
以前ほどではありませんが、まだ元気に渓流沿いで飛んでいます。
イシガケチョウ





【クロヒカゲ】 撮影日2015.9.27 場所「大野城市 牛頸山」
陽が射して来たので翅を少し開きます。全開するかなと期待しましたが、これ以上は開きませんでした。
クロヒカゲ




【キタキチョウ】 撮影日2015.9.27 場所「大野城市 牛頸山」
翅に斑点がある秋型が出て来ました。オシベが長いヒガンバナで吸蜜しようと苦労していいましたが、なんとか喰らいくことが出来ました。
キタキチョウ

日替アラカルト(9月27日)

収穫=キタテハ。
近所を歩きました。

【キタテハ】 撮影日2015.9.26 場所「大野城市 牛頸中流」
標高600mほどの阿蘇盆地では9月18日に秋型が飛んでいましたが、下界ではまだ夏型です。
キタテハ

日替アラカルト(9月26日)

収穫=ミヤマカラスアゲハ。
赤いヒガンバナの背景ばかりで面白みに欠けますが、モデルがここにしか現れないのでご容赦願います。

【ミヤマカラスアゲハ】♀ 撮影日2015.9.25 場所「大野城市 牛頸山」
ようやくミヤマカラスのメスが登場してくれましたが、めずらしく過敏な性格のようで数枚撮らしてくれただけで飛び去りました。オスに比べると腹部の大きさが全然違います。
ミヤマカラスアゲハ

九州産の夏型にしては、珍しく前翅白帯が明瞭です。一目でミヤマとわかります。
ミヤマカラスアゲハ

後翅の弦月紋もオスに比べると大きく鮮やかです。
ミヤマカラスアゲハ







【ミヤマカラスアゲハ】♂ 撮影日2015.9.25 場所「大野城市 牛頸山」
小振りのオスもいました。夏型ではあまり見かけない白帯が薄っすら認められる個体です。
ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ






【クロアゲハ】♀ 撮影日2015.9.25 場所「大野城市 牛頸山」
これまた久しぶりのメスです。後翅基部あたりの青鱗や弦月紋がハッキリ現れてれている美品です。
クロアゲハ


【クロアゲハ】♂ 撮影日2015.9.25 場所「大野城市 牛頸山」
後翅肛角の赤斑も消失して翅表は真っ黒です。
クロアゲハ



【ナガサキアゲハ】♂ 撮影日2015.9.25 場所「大野城市 牛頸山」
メスばかり掲載していますが、オスの方が10対1ぐらいの割合で多く飛んでいます。
ナガサキアゲハ

日替アラカルト(9月25日)

収穫=ナガサキアゲハ。

【ナガサキアケハ】♀ 撮影日20159.23 場所「大野城市 牛頸山」
ナガサキアゲハ

前翅に少し白化が見られます。しかし全体が白化した個体には中々めぐり会えません。
ナガサキアゲハ


プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-