ヒメジャノメ

子供の頃、ヒメジャノメは家の庭先や広場の草叢などにいて珍しくもなく昆虫採集の対象外でした。簡単に撮れるだろうと思っていたら、昨年の秋に目視できたのはたった2回でした。今年5月の末にようやく山裾で出会いましたが、以後もそんなに多くは見られません。むしろ「コジャノメ」のほうが多いようです。

ーオスー
【ヒメジャノメ】♂撮影日2014.6.8場所「大野城市 牛頸ダム」
ヒメジャノメ

雌雄の判別は、後翅の中室の上部あたりにコブのような膨らみがあるのがオスだそうです。
ヒメジャノメ



【ヒメジャノメ】♂撮影日2011.6.15場所「大野城市 牛頸ダム」
ヒメジャノメ4


【ヒメジャノメ】♂撮影日2011.8.2場所「大野城市 牛頸山」
蛇の目が、心なしか大きいようです。
ヒメジャノメ10


【ヒメジャノメ】 撮影日2013.11.5場所「大野城市 牛頸川上流」
昨日に引き続き登場です。今日は畑の角のイチジクの下にいました。
ヒメジャノメ

周りを飛んでいたヒメアカタテハを追っかけていたのでオスでしょう。「性標」が後翅の基部に近い前縁に見らるそうですが、この写真ではわかりません。胴もチクワのように寸胴で細い気がします。 少し寒かったのか、ユズリハの上で翅を広げてくれました。
ヒメジャノメ






ーメスー
【ヒメジャノメ】♀撮影日2011.5.30場所「大野城市 牛頸川上流」
このチョウは通常翅を閉じてとまるので、翅表を見ることができません。
ヒメジャノメ1

【同上・同一個体】
止まって、すぐに2~3回翅を開くことはありますが、開翅したままの状態はめったに見れません。後翅に眼状紋がありますが、無紋もあり様々です。
ヒメジャノメ6


【ヒメジャノメ】撮影日2011.5.30 場所「大野城市 牛頸川上流」
後翅のジャノメが小さい例。
ヒメジャノメ9


【ヒメジャノメ】撮影日2012.5.23 場所「大野城市 牛頸山」
コジャノメとヒメジャノメの識別にいつも迷っています。
ヒメジャノメ18

【同上・同一個体】
後翅にジャノメ紋が無い個体。
ヒメジャノメ19




【ヒメジャノメ】撮影日2015.9.30場所「八女市 黒木町」
茶畑で見つけました。後翅の中央部にふくらみが無いのでメスみたいです。
ヒメジャノメ

9時過ぎだったので涼しかったせいか、陽があたると翅をひろげました
ヒメジャノメ







スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-