ヤエヤマイチモンジ

石垣・西表島に生息する種で、オスとメスの紋様が極端に異なる極端な「性的二形」です。


●オス
【ヤエヤマイチモンジ】♂撮影2014.9.22 場所「石垣島・於茂登登山道」
3m程の木の上で占有行動を撮っています。翅表が見れる距離まで下がって撮ってみましたが、ピンボケ。こんな時、いつも思うのが脚立の存在です。
ヤエヤマヤマイチモンジ

回り込んで下からの撮影。これは、まあまあの具合。
ヤエヤマヤマイチモンジ





●メス
【ヤエヤマイチモンジ】♀撮影2014.9.22 場所「石垣島・於茂登登山道」
この日はついているのか、入れ替わりでメスが単独で登場してくれました。
リュキュウイチモンジ

外見ではミスジ系と見誤るので、飛翔スピードや滑空の姿で判断した方が判りやすいような気がしました。
ヤエヤマイチモンジ






【ヤエヤマイチモンジ】♂♀撮影2014.9.22 場所「石垣島・於茂登登山道」
他にいないかなと思いつつ登山口にもどって来ていると、交尾中のツガイに別のオスがアタックしている場面に遭遇します。
ヤエヤマヤマイチモンジ

交尾中の左はオスで、翅を少し開いているのがメスです。オスとメスの姿がこれだけ違うと別種のように思えてしまいます。
ヤエヤマヤマイチモンジ



スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-