ヤクシマルリシジミ

● オス
【ヤクシマルリシジミ】 撮影日2015.6.11  場所「春日市 春日公園」
広場のシロツメクサの花にルリシジミらしきチョウがとまっているので、5枚ほど撮って拡大してみるとヤクルリです。再度あわてて撮影しますが飛び立たれて見失い、残ったのはピントの甘い写真だけでした。左後翅のわずかに見える翅表からするとオスのようです。
ヤクシマルリシジミ

昨年の秋には良く見掛けたのですが、今頃撮れたのは初めてです。福岡で定着しているのかは疑問で、長崎方面から流れてきているのかもしれません。
ヤクシマルリシジミ


【ヤクシマルリシジミ】 撮影日2016.7.10 場所「大宰府市 四王寺山」
鳥の糞を吸汁しているのを見つけました。
ヤクシマルリシジミ

接近したカメラが気になったのか飛び立ち、木の葉にとまります。
ヤクシマルリシジミ

しばらく翅を閉じていましたが、徐々に翅を広げ始めます。
ヤクシマルリシジミ

全開の姿です。ルリシジミより深い青色で、太い黒縁が前翅から後翅まで続いているところが特徴でしょうか。
ヤクシマルリシジミ





【ヤクシマルリシジミ】♂ 撮影日2016.8.16 場所「大野城市 牛頸山」
かなりくたびれたオスです。
ヤクシマルリシジミ

こちらは新鮮な個体です。
ヤクシマルリシジミ

翅をすり合わせながら吸水していました。
ヤクシマルリシジミ





【ヤクシマルリシジミ】 ♂ 撮影日2013.10.31 場所「春日公園 近辺」
牛頸川の土手で、ちょっと青っぽいシジミが飛んでいたので、ツバメシジミかなと思いつつ、撮影してみると「ヤクルリ」のように見えます。
ルリシジミ

開翅はしてくれなかったので詳細はわかりませんが、吸蜜時に少し開きかけた翅から内部が見え、雌雄の区別が判ったていどです。しかし、ピンボケで残念です。
ルリシジミ

ヤクシマルリシジミと思われる根拠ですが、後翅肛角部付近の黒点が結合して「く状」になっていることと、外縁に沿う弦月状斑紋がつながって波線になっているような点です。見慣れない種なので、同定できるまでに、1シーズンかかりました。
ルリシジミ



【ヤクシマルリシジミ】♂ 撮影2014.11.6 場所「春日公園 近辺」
牛頸川の土手にヤマトシジミに混じって、動きの速いシジミがいました。ヤマトより、やや青っぽいのでツバメシジミかなと思いながら追跡するとヤクルリです。
ヤクシマルリシジミ

【同上・同一個体】
オスのまともな開翅姿の写真が無かったので嬉しかったのですが、またしてもボロな個体です。メスはそこそこキレイな個体も見かけるのですが・・・・
ヤクシマルリシジミ




【ヤクシマルリシジミ】♂ 撮影2014.11.16 場所「糟屋郡・久山」
福岡市近郊に広範囲で出現しているようです。夏は小型でしたが、秋に見る個体はいずれもルリシジミと同じぐらいの大きさが多いようです。
ヤクシマルリシジミ

【同上・同一個体】
吸蜜後、ダイコンの葉の上で休憩。
ヤクシマルリシジミ



【ヤクシマルリシジミ】撮影日2017.1.17 場所「春日市 春日神社近辺」
6日に撮りそこなったモデルが再度現れ、今度は識別可能な写真が撮れました。えらく元気な個体で、人影に気づくとアッと言う間に飛び去りました。
ヤクシマルリシジミ


近くの空き地に別個体がいました。こちらはタキ火跡の灰の上で吸水中。裏面の鱗粉も剥げて模様もぼんやりです。
ヤクシマルリシジミ

【同上・同一個体】
南国出身のチョウがこれほど寒さに強いとは思いませんでした。成虫の寿命がどれほどか知りませんが、12月に羽化したとしてもそろそろ限界かなと思います。それとも越冬するつもりでしょうか。
ヤクシマルリシジミ








● メス
【ヤクシマルリシジミ】♀撮影日2017.3.11 場所「大野城市 牛頸ダム」
ダム湖の岸辺で探していると、足元から飛び立ちます。ルリは初見だったので着地点を確認後、慎重に接近し撮影。
ヤクシマルリシジミ

飛び立った時に翅表が黒っぽかったのでメスかなと思いつつ、撮影していると翅を広げ始めました。撮影後確認してみると、ルリにしては前翅の黒縁の幅が広すぎます。どうやらヤクルリのメスのようです。
ヤクシマルリシジミ

裏面を確認すると、亜外縁部の弦月紋は連続せず不明瞭ですが、肛角に近い黒斑は結合しています。鮮度からすると1化でしょう。秋には多数見かけますが、春先に見つけたのは初めてで、どうやら地元で発生した個体です。福岡は迷蝶とされていますが、今後は土着となるかもしれません。これからはルリと思い込まず、疑いを持って撮らねばなりません
ヤクシマルリシジミ



【ヤクシマルリシジミ】 ♀ 撮影日2014.7.22 場所「牛頸山」
渓流沿いで、チラチラ上下動して飛んでいるシジミがいたので、ゴイシシジミかなと思い、しばらくとまるのを待っていました。葉上にとまったので翅裏をみると、ルリシジミのようです。なんだと思っていると、ジワ~ッと翅を半分開きます。黒々しい翅表が見えた時、ヤクシマと気づきました。昨年の10月31日にヤクシマらしきシジミを撮影しましたが、今回は間違いないようです。牛頸川流域での64種目のチョウにになりました。
後翅の亜外縁部の弦月紋様が明瞭に連続していることと、肛角部付近の黒点が結合して「くの字」状になっている点が特徴でしょうか。
ヤクシマルリシジミ

【同上・同一個体】
ルリシジミに比べると、メスの外縁の黒帯は、かなり広く感じます。
ヤクシマルリシジミ

【同上・同一個体】
60年前に発行された「原色日本蝶類図鑑」によると、「原産地として知られる屋久島の他には、鹿児島の城山・霧島山・佐多岬・志布志・垂水に見いだされ四国では高知に、本州では紀伊半島に発見されている。」と記載されています。現在では、九州では長崎・大分、四国・本州では太平洋岸を愛知県まで生息していると聞いていますが、ずいぶん北上したものだと思います。今後、牛頸山でも定着しているのかを観察したいと思います。
ヤクシマルリシジミ





【ヤクシマルリシジミ】 ♀ 撮影日2014.7.22 場所「牛頸山」
上図とは別個体です。10m程の場所に3匹のメスがいました。食草が生えているのかもしれません。南国のチョウのせいか、ルリシジミのように機敏性がなく、飛んでもすぐにとまります。身体もルリより少し小さいようです。
ヤクシマルリシジミ

【同上・同一個体】
この個体は羽化後、かなり時が経っているようで、鱗粉も落ち色褪せしています。
ヤクシマルリシジミ




【ヤクシマルリシジミ】♀ 撮影日2015.10.4 場所「大野城市 牛頸川上流」
バラが咲いている花壇で見つけました。バラも食樹の一つなので産卵しにやって来たようです。
ヤクシマルリシジミ

バラの花でチョウが吸蜜しているシーンには出会った記憶が有りません。調べてみるとバラには蜜が少ないそうです。ハチがやってくるのは、花粉が欲しいからだとか。
ヤクシマルリシジミ

開翅するかと思い、しばらく待ちましたが無駄でした。
ヤクシマルリシジミ





【ヤクシマルリシジミ】♀  撮影2014.11.29 場所「牛頸川 中流」
晩秋なのに大変キレイな個体です。本種は北上傾向で熊本や長崎では土着しているようですが、福岡ではまだ迷蝶とされています。
ヤクシマルリシジミ

後翅の青鱗や亜外縁の斑紋が明瞭になるなど、「低温期型」の特徴が良く表れています。
ヤクシマルリシジミ

下図は11月5日に撮影したヤクルリですが、上図に比べるとずいぶん雰囲気が違います。
ヤクシマルリシジミ

光の角度により青味が強く見える位置があるようです。
ヤクシマルリシジミ



-産卵行動ー
【ヤクシマルリシジミ】♀ 撮影日2015.6.21 場所「大野城市 牛頸山」
渓流の斜面に生えたフジ蔓の周りで飛んでいるのを見つけました。
ヤクシマルリシジミ

休憩後、ヤマノイモの蔓にとまります。
ヤクシマルリシジミ

それから、あちこちの新芽を渡り歩くので妙だなと思いつつ撮影しました。
ヤクシマルリシジミ

撮影後、拡大してみると産卵しているようです。食草を調べてみるとマメ科の植物だけではなくバラ科、マンサク科、トウダイグサ科などいろいろあるようです。ヤマノイモ科が含まれているのかはわかりません。
ヤクシマルリシジミ




【ヤクシマルリシジミ】 ♀ 撮影日2014.7.29 場所「牛頸山」
ルリシジミに比較すると、一回り小さい大きさです。飛んでいると「ゴイシシジミ」に間違えそうな雰囲気です。
ヤクシマルリシジミ

運よく産卵場面に遭遇しました。
ヤクシマルリシジミ

「フジ」のようなマメ科の植物の新芽に産卵しています。
ヤクシマルリシジミ

産み付けられた卵。秋には羽化して3化になれば良いのですが。
ヤクシマルリシジミ

「フジ」と思われる蔓草です。 若葉が大きくなると、下にあるような葉になります。
マメ科






「ヤクシマルリシジミ」と「ルリシジミ」の相違点
翅裏からみた両種の違いを調べると下記のような事でした。

ヤクシマルリシジミ(左列)     ルリシジミ(右列)
ヤクシマルリシジミ ルリシジミ

左から2番目の黒点が斜めになる。  2番目の黒点は平行。
ヤクシマルリシジミ ルリシジミ 
肛角部の黒点が結合「くの字」状。  黒点が離れている。
ヤクシマルリシジミ ルリシジミ 

亜外縁の弦月紋様が連続。     弦月紋が不明瞭
ヤクシマルリシジミ ルリシジミ 
スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-