日替アラカルト(7月31日 )

昨日の収穫=サトキマダラヒカゲ。
先日、米ノ山に行ったときに夏型のキマダラヒカゲを撮り逃がしたので、今日は小郡市の三沢遺跡に行きました。今年は樹液の出る木を牛頸山では見つけられないでいるので、出張しなければなりません。

【サトキマダラヒカゲ】  撮影日2014.7.30 場所「小郡市・三沢遺跡」
樹液の出る木と言えば、やはり「クヌギ」が一番です。カナブンに負けじと割り込んでいます。
サトキマダラヒカゲ

【サトキマダラヒカゲ】  撮影日2014.7.30 場所「小郡市・三沢遺跡」
夏型になり、翅脈いっぱいまで眼状紋が大きくなっています。
サトキマダラヒカゲ

【同上同一個体】
サトキマダラヒカゲ




【ルリタテハ】  撮影日2014.7.30 場所「小郡市・三沢遺跡」
ルリタテハ

 
【カラスアゲハ】  撮影日2014.7.30 場所「小郡市・三沢遺跡」
「クサギ」の花が咲き始めました。アゲハ類は、この花が大好物のようです。
カラスアゲハ



【アゲハ】 ♀ 撮影日2014.7.30 場所「小郡市・三沢遺跡」
クサギの木の近くでメスが休んでいました。おそらく吸蜜後の休憩でしょう。
アゲハ
スポンサーサイト

日替アラカルト(7月30日 )

昨日の収穫=ヤクシマルリシジミ。
またまたヤクシマルリシジミです。来年は見れないかもしれないので撮り溜めです。

【ルリシジミ】 ♂ 撮影日2014.7.29 場所「牛頸山」
キレイな個体が撮れたので、ヤクシマとの比較のために掲載しました。
ルリシジミ



【ヤクシマルリシジミ】 ♀ 撮影日2014.7.29 場所「牛頸山」
上図と比較すると、一回り小さい大きさです。飛んでいると「ゴイシシジミ」に間違えそうな雰囲気です。
ヤクシマルリシジミ

都合よく産卵場面に遭遇しました。
ヤクシマルリシジミ

「フジ」のようなマメ科の植物の新芽に産卵しています。
ヤクシマルリシジミ

産み付けられた卵。秋には羽化して3化になれば良いのですが。
ヤクシマルリシジミ

この「フジ」のようなツル植物はなんでしょうか? 若葉が大きくなると、下にあるような葉になります。
マメ科






【モンキアゲハ】 ♂夏型 撮影日2014.7.29 場所「牛頸山」
帰宅しようと駐車場にもどると、モンキアゲハが吸水に来ていました。前回、ミヤマカラスが吸水していた同じ場所です。
モンキアゲハ

夏型にしては小さな個体でした。
モンキアゲハ

日替アラカルト(7月28日 )



昨日の収穫=キアゲハ。
久しぶりに米ノ山(594m)に登りました。頂上は展望台になっており、山頂付近にはクヌギ林もあって何かいることを期待していたのですが収獲はなし。山頂の草地に「キアゲハ」がいるくらいでした。
米ノ山
                  「米ノ山より篠栗町を望む」

【キアゲハ】 ♂ 撮影日2014.7.27 場所「糟屋郡 米ノ山」
山頂の草地は10匹ほどのオスがヒルトッピングで集まり、ツマグロヒョウモンも加わって、いたるところで縄張りを争っています。
キアゲハ

アカツメクサがところどころで咲いているので吸蜜も行います。
キアゲハ

メスは何処に隠れているのか、まったく見かけませんでした。
キアゲハ





【アサギマダラ】  撮影日2014.7.25 場所「糟屋郡 米ノ山」
リョウブの花に来ていました。
アサギマダラ




【コジャノメ】 夏型 撮影日2014.7.25 場所「糟屋郡 篠栗町」
今年の春にミヤマセセリを撮ったところに行ってみると、コジャノメがたくさん飛んでいます。
コジャノメ

【コジャノメ】 夏型 撮影日2014.7.25 場所「糟屋郡 篠栗町」
個体差を見るため何匹か撮ってみると、蛇の目が上図よりも大きいようです。
コジャノメ

【コジャノメ】 夏型 撮影日2014.7.25 場所「糟屋郡 篠栗町」
地元の牛頸山ではまだ夏型は見ていません。いる所にはたくさんいるんだなと思わざるをえません。
コジャノメ

日替アラカルト(7月27日 )

昨日の収穫=ミヤマカラスアゲハ。

【ヤクシマルリシジミ】 ♀ 撮影日2014.7.25 場所「牛頸山」
今日も渓流沿いで飛んでいる所を見つけました。
ヤクシマルリシジミ

【同上・同一個体】
ヤクシマルリシジミ

7月22日に本種が3匹集まっていた場所を調べてみると、食樹の「ノイバラ」が生えていました。新芽あたりに卵が付着していないかと見てみましたが、それは見当たりませんでした。
ノイバラ





【イチモンジチョウ】  撮影日2014.7.25 場所「牛頸山」
今日は34度もあったので、渓流のそばから離れないで涼んでいました。
イチモンジチョウ

キレイな個体なので2化でしょう。
イチモンジチョウ






【ミヤマカラスアゲハ】 ♂夏型 撮影日2014.7.25 場所「牛頸山」
湧水が駐車場の一部に流れ込み、湿地を造っています。そんな所で吸水していました。前翅表に白帯がうっすらと見えます。
ミヤマカラスアゲハ

裏面は前後翅ともほとんど真っ黒で、ミヤマ同定の決め手が有りません
ミヤマカラスアゲハ

吸水後の休憩です。夏型は地色が青っぽい個体が多い中、この個体は緑色が強く、肛角の赤斑も春型のようにはっきり表れています。
ミヤマカラスアゲハ

日替アラカルト(7月24日 )

昨日の収穫=コムラサキ。

【コムラサキ】  撮影日2014.7.22 場所「春日公園」
シダレヤナギを眺めていると、上の方でオスがメスを求めてせわしなく飛んでいます。不意に一匹が日陰の場所に降りて来て、そのままジッとしています。後翅中央部の白帯が不明瞭なので、メスかもしれません。
コムラサキ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-