日替アラカルト(6月29日 )

昨日の収穫=キアゲハ。

【キアゲハ】 夏型 ♀  撮影日2014.6.28  場所「牛頸山」
林縁の開けた場所に生えた「「アカメガシワ」の若木にとまっていました。
キアゲハ

翅表の黄色部が淡く、後翅の基部付近が暗色になるなど、夏型メスの見本のような個体です
キアゲハ






【クロアゲハ】 ♂  撮影日2014.6.28  場所「牛頸山」
気温が高くなると、日陰での吸水が多くなるようです。
クロアゲハ

左翅がボロボロで、後翅は半分欠損してます。 まだ春型でしょうか、大型の夏型がそろそろ出てこないかなと思っています。
クロアゲハ





【カラスアゲハ】 春型 ♀ 撮影日2014.6.28  場所「牛頸山」
春型のオスと思ったら、性標がないのでメスでした。しかし地味なメスです。
カラスアゲハ

出会いは5月下旬以来です。メスには中々お目にかかれません。
カラスアゲハ
スポンサーサイト

日替アラカルト(6月28日 )

昨日の収穫=ムラサキシジミ。
牛頸山にゆきましたが、霧雨が降ったりやんだりで、チラチラ飛んでいるのはスジグロシロチョウとイシガケチョウぐらいでした。
牛頸ダム
                「黒金山中腹より牛頸ダムを望む」

【ムラサキシジミ】   撮影日2014.6.27  場所「牛頸山」
コナラの新芽でウロウロしていました。陽が照らないので寒かったのか、この時期珍しく開翅しました。
ムラサキシジミ



【イシガケチョウ】   撮影日2014.6.27  場所「牛頸山」
6月初旬に比べるとずいぶん数が少なくなってきました。目視でしたが「黄色型」も飛んでいました。
イシガケチョウ





【ウラナミジャノメ】  撮影日2014.6.27  場所「牛頸ダム」
いつも見かける場所から1kmほど離れた場所で1匹だけ飛んでいました。けっこう広範囲で発生しているようです。
ウラナミジャノメ

スレやキズがあるので、新しい個体ではなさそう。
ウラナミジャノメ

日替アラカルト(6月27日 )

昨日の収穫=ベニシジミ。

【ベニシジミ】 夏型  撮影日2014.6.25  場所「牛頸山」
ベニシジミ

図鑑に「高温期に発生するものでは、橙赤色部は減少し、ほとんど消失する個体もみられる」と記載されていたので、それに近い個体を探してみました。
ベニシジミ

真っ黒ではありませんが、基部あたりに橙色が少し残っている程度で、後翅の色調とほぼ同じです。
ベニシジミ

日替アラカルト(6月26日 )

昨日の収穫=ウラナミジャノメ。
一昨日、撮影したウラナミジャノメが破れた個体でもあったし、ピントも甘かったので再撮に行きました。


【ウラナミジャノメ】 春型  撮影日2014.6.25  場所「牛頸山」
ヒメウラナミは全くいなかったので、3匹見つけることができました。混在していれば、そう簡単に見つけることは出来なかったと思います。
ウラナミジャノメ

ヒメウラナミは地面から離れずに低空で飛び回りますが、ウラナミはすぐに高い所へ飛び立つので、中々撮影がうまくゆきません。3匹めのモデルでようやく撮影出来ました。おまけに翅も広げてくれました。
ウラナミジャノメ

本種は6月、ヒメウラナミは4月下旬の発生なので、春型については棲み分けになっているようです。昨年、夏型は混在して飛んでいました。
ウラナミジャノメ




【ムラサキツバメ】   撮影日2014.6.25  場所「牛頸山」
今年、ようやく出会えたオスです。飛び立った時、翅表が真っ黒でした
ムラサキツバメ





【ミドリヒョウモン】   撮影日2014.6.25  場所「牛頸山」
ミドリヒョウモン

昨日撮った、ネズミモチの花の背景より、「オカトラノオ」の方が上品でスッキリと写っています。
ミドリヒョウモン






【クロシジミ】   撮影日2014.6.25  場所「牛頸山」
人影に気付いて飛び立ち、5mほどの高さのヒノキの枝にとまりました。近づくと枝が邪魔して撮れません。後方に下がって撮りましたが被写体が豆粒です。初見の証拠写真程度です。
クロシジミ

30分程後に戻ってみると、まだ同じ所にとまっていました。我慢強いのか、寝ているのか、とにかく動きの悪いチョウです。
クロシジミ

日替アラカルト(6月24日 )

昨日の収穫=ウラナミジャノメ。
朝早く雨が降ったようですが、今にも降りそうな暑い雲が空をおおっています。こんな日は期待薄なんですが、何か獲物もあるかもしれないと思い山に出かけました。

【ウラナミジャノメ】 春型 撮影日2014.6.23  場所「牛頸山」
最近「ヒメウラナミジャノメ」を見なくなりましたが、とまっていたのを覗いてみると、後翅の眼状紋が3個。あわてて追いかけ回し、数カット撮ることが出来ました。「春型」の撮影は初めてです。
ウラナミジャノメ

【同上・同一個体】
春型は夏型より大きいとされていますが、この個体はさほど大きくはありませんでした。眼状紋が夏型に比べると小さめかなと思えるぐらいでした。
ウラナミジャノメ






【クロヒカゲ】 ♀  撮影日2014.6.23  場所「牛頸山」
クロヒカゲ

【同上・同一個体】
めずらしく開翅しました。性標がないのでメスのようです。
クロヒカゲ





【イチモンジチョウ】   撮影日2014.6.23  場所「牛頸山」
5月の中旬が1化発生の時期なのでスレ、キズが結構目立ちます。前翅の中室に白斑がないのでオスのように思われますが、鱗粉がハゲ落ちて不明瞭なのかもしれません。
イチモンジチョウ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-