モンシロチョウ

おなじみのチョウです。あまりに沢山すぎて蝶の好きな人には無視されますが、無関心な人には白い蝶はすべてモンシロチョウに見えるようです。
アジア、ヨーロッパ、北アメリカと三大大陸を席巻し、さらにニュージーランドなどを拡大しようとする北方系のこの種は、世界のシロチョウとして不滅なのかもしれません。

●オス
【モンシロチョウ】♂(春型)撮影日2013.2.27場所「福岡県糟屋郡 猪野」
春先のモンシロチョウは行動も機敏で、なかなか止まってくれません。メスを探すのに一生懸命なのでしょう。3匹目でようやく撮影できました。
モンシロチョウ113


【モンシロチョウ】♂(春型)撮影日2012.3.19場所「大野城市 牛頸川上流」
前翅には本来2つの灰黒色の斑紋があるのですが、早春に発生するオスには微かに見える程度で、ほとんど真っ白です。
モンシロチョウ41


【モンシロチョウ】♂(春型)撮影日2012.3.25場所「大野城市 牛頸川中流」
翅裏に「灰色のシミ」が見られます。春型の特徴です。
モンシロチョウ44

【モンシロチョウ】♂(夏型)撮影日2011.5.29場所「大野城市 牛頸川中流」
黒点はなく白色になっている夏型です。
モンシロチョウ8




【モンシロチョウ】♂撮影日2012.5.25場所「春日市 春日公園」
開翅してとまっていましたが、交尾器が何故か開いています。
モンシロチョウ58

【同上・拡大】
オスの交尾器はメスを捕まえて離さないように、挟み込むタイプのよう
モンシロチョウ59



【モンシロチョウ】♂ 撮影日2011.5.30場所「春日市 春日公園」
後翅の前縁に斑紋が見えます。とまっている時、前翅にかくれて「後翅の斑紋」が見えないのが普通ですが、この個体は基部があまいのでしょうか。
モンシロチョウ53

【モンシロチョウ】♂ 撮影日2011.5.31場所「春日市 春日公園」
前翅の基部は白いので、オスのようです。
モンシロチョウ7



【モンシロチョウ】 撮影2014.10.16場所「大野城市 牛頸ダム」
ダム湖畔にて
モンシロチョウ




【モンシロチョウ】♂撮影日2011.11.27 場所「春日市 春日公園近辺」
モンシロチョウもまだ元気に飛んでいます。秋も春も変化は無いようです。
モンシロチョウ18






●メス
【モンシロチョウ】♀(春型)撮影日2013.3.7場所「大野城市 牛頸川上流」
今年、最初に見たメスです。基部あたりの黒ずみが薄く柔らかな感じです
モンシロチョウ118

【モンシロチョウ】♀ 撮影日2013.3.20場所「大野城 牛頚川河口」
モンシロチョウ123

【モンシロチョウ】♀(春型)撮影日2011.5.31場所「大野城市 牛頸ダム」
前翅の基部から中室にかけて黒ずんだ部分があるのがメスだそうです。
モンシロチョウ5

【モンシロチョウ】♀撮影日2014.8.16場所「大野城市 牛頸川上流」
畑の角に造られた花壇に百日草が咲いています。最近あまり見なくなったモンシロや、暑さ知らずのツマグロなどが訪れていました。
モンシロチョウ


【モンシロチョウ】 撮影日2015.8.27場所「福岡県糟屋郡 久山町」
荒地の雑草に数匹のシロチョウが飛んでいます。その中に黄色味が強い個体がいたので撮ってみると、モンシロチョウようです。夏場は種々のチョウが出て来るので、モンシロなどに注視することがほとんど有りませんでした。これから気をつけて撮影してみようと思います。
モンシロチョウ

黄色が強いのは夏型のメスの特徴だと図鑑に書いてありました。
モンシロチョウ


【モンシロチョウ】(春型)撮影日2011.11.7場所「春日市 春日神社近辺」
翅表は春も秋も同じのようです。
モンシロチョウ16



【モンシロチョウ】♀(春型)撮影日2011.12.2場所「福岡県糟屋郡 久山町」
わずかに残った「キバナコスモス」の花で、寒さに耐えていました。よく見るとソバカスみたいにシミだらけです。春型の特徴だそうです。夏に発生した個体は真っ白です。比較拡大してみました。
モンシロチョウ19
【春型】2011.12.2       【夏型】2011.5.29
モンシロチョウ20 モンシロチョウ21




【モンシロチョウ】♀♂撮影日2010.10.11場所「春日市 春日公園」
モンシロチョウ6

スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-