日替アラカルト(5月31日 )

昨日の収穫=ムラサキシジミ
今日は近所の春日神社経由、牛頸山、四王寺山に行きました。四王寺山はアカシジミ狙いでしたが、ハズレでした。

【ムラサキシジミ】  撮影日2014.5.30  場所「春日神社」
4月の中旬以後みなくなりましたが、ようやく新しい個体が登場してきました。暑い日向は嫌いなようで日陰にとまり、開翅はしてくれません
ムラサキシジミ




【キタテハ】 (夏型)  撮影日2014.5.30  場所「春日神社」
撮り逃がしていた、夏型のキタテハをようやくゲット。食草「カナムグラ」の周囲でウロウロしていました。おそらくメスと思われます。
キタテハ

日陰を好んで休むなど、メスの特徴的な行動です。
キタテハ





【トラフジジミ】 (春型) 撮影日2014.5.30  場所「牛頸山」
岩盤が露頭した場所を水が流れ落ちます。そんな飛沫のあたる渓流で吸水していました。
トラフシジミ

本種はだいたい気まぐれな性格のようで、行動の予測が立ちません。飛び立つと一気に何処かへ飛び去り、戻って来ません。撮影は一発勝負が多いのが特徴ですが、今回は吸水に執着していて、あちこち場所を変えてくれました。
トラフシジミ




【キアゲハ】(夏型) 撮影日2014.5.30 場所「大野城市・四王寺山」
「オオッ、でかい!」。写真ではちょっと大きさがわかりにくいのですが、とにかく大きく感じた夏型です。
キアゲハ
スポンサーサイト

日替アラカルト(5月30日 )

昨日の収穫=ヒメキマダラセセリ
昨日「アカセセリ」を撮ったので、さっそく牛頸山の中腹にある「クリ園」に行ってみましたが、まだ三分咲き程度です。昨年も満開時にチェックはしたのですが、見あたりませんでした。発見場所より1kmほど離れていますが、今年は力がはいります。
クリ
                          「クリの花」

【ヒメキマダラセセリ】 ♂ 撮影日2014.5.29  場所「牛頸山」
「コアカソ」の葉にとまり、縄張りを見張っていました。例年5月の末に現れます。
ヒメキマダラセセリ

【同上・同一個体】
ヒメキマダラセセリ




【ウラギンシジミ】 ♀ 夏型 撮影日2014.5.29  場所「牛頸山」
初見です。例年オスの方を先に見つけるのですが、今年は逆になりました。
ウラギンシジミ

夏型らしく丸っこい形で愛きょうがあります。
ウラギンシジミ





【スジグロシロチョウ】  撮影日2014.5.29  場所「牛頸山」
「ナワシロイチゴ」の花で吸蜜しているます。太い灰色の翅脈がなくなり、スッキリとした夏型になっていました。
スジグロシロチョウ

【スジグロシロチョウ】  ♂♀ 撮影日2014.5.29  場所「牛頸山」
上にいるのがオスで、黄色っぽいのがメスではなかろうかと思っています。
スジグロシロチョウ



【クロアゲハ】 ♂  撮影日2014.5.29  場所「牛頸ダム」
日陰の湧水で吸水後の休憩です。春型も終りでボロボロ。
クロアゲハ

【カラスアゲハ】 ♂  撮影日2014.5.29  場所「牛頸ダム」
日向はさすがに暑いのか、橋の下の日陰で吸水していました。
カラスアゲハ

日替アラカルト(5月29日 )

昨日の収穫=アカシジミ
牛頸川流域で写真を撮り始めて4年目になりますが、流域での63種目を撮ることができました。昨年8月に「ウラナミジャノメ」を撮って以来の更新です。福岡県で本種は、「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されています。

【アカシジミ】  撮影日2014.5.28  場所「牛頸山」
今日出会ったのは2匹です。最初の個体は、「黄色い蛾かな?」と思えるような飛び方で、渓流沿いを飛んでいました。写真は別の谷筋で見つけた個体です。日陰でジッとしていたようで飛び立ちますが、また近くに止まってくれました。午前中は動きが悪く、夕方にかけて活発化するそうです。
アカシジミ

キズのない美品です。アングルを変えようをした時に逃げられ見失いました。今度は、クリの花で待ち伏せするつもりです。
アカシジミ




【トラフシジミ】  撮影日2014.5.28  場所「牛頸山」
渓流沿いスイカズラの花で吸蜜していたモンキアゲハを撮ろうとしたら、脇から飛び出てきたのがこの個体です。 光線の具合か白帯が目立たなかったので「夏型?」と思いつつあわてて撮りましたが、すぐに逃げられました。
トラフシジミ

【トラフシジミ】 春型 撮影日2014.5.28  場所「牛頸山」
近くにいるかも知れないと思い探してみると、イロハモミジにとまっています。鱗粉が剥げ落ちた春型でしたので、ちょっとがっかりしましたが、一応撮影はしておきました。後で比較してみると、前者は外縁にキズも無く、尾状突起もあります。ほとんど単体でしか見ない本種を、こんな近い場所で2匹見かけたのは初めてです。
トラフシジミ




【モンキチョウ】  ♀ 撮影日2014.5.28  場所「牛頸ダム」
砂漠のような背景でモンキチョウが吸水しています。メスが吸水しているのです。
モンキチョウ

日替アラカルト(5月28日 )

昨日の収穫=イシガケチョウ
本日は佐賀県唐津のゴルフ場に行きました。

【イシガケチョウ】  撮影日2014.5.27  場所「佐賀県・唐津市」
2匹のイシガケチョウがいたので撮ってみました。飛んでいる姿がバッチリのようですが・・・・
イシガケチョウ

何か変だとお気づきになった方もあると思います。
イシガケチョウ


【アカタテハ】  撮影日2014.5.27  場所「佐賀県・唐津市」
それでは、こんなのどうでしょう。標本を貼り付けたみたいですが、生きています。
アカタテハ

●クラブハウスの大きなガラス窓にとまって、表面を歩き回っていました。


日替アラカルト(5月27日 )

昨日の収穫=コムラサキ
朝は雨雲が広がっていましたが、午後になり日差しも射してきたので近くを散歩してみました。

【コムラサキ】  撮影日2014.5.26  場所「春日公園」
まだ早いだろうと思いながらシダレヤナギを眺めていると、なんと3~4匹高い所を飛んでいました。
コムラサキ

飛んでいるのはメスを探すオスでなかなか止まってくれません。止まっている個体は居ないかと探してみると、1匹ようやく見つかりました。
コムラサキ

高い所だったのでこれが精いっぱいでした。
コムラサキ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-