日替アラカルト(11月30日)

収穫=なし。
雨です。糠のような小雨が降ったり止んだりでした。


【イチョウ】
七分ほど葉を落とし、そろそろ坊主です。 
イチョウ



【ホトケノザ】
本来、春の花と思いますが、道端や畑の隅でたくさん咲いています。季節を間違えているのでしょうか。
ホトケノザ



【セイヨウカラシナ】
これも春の花ですが、ここだけ満開しています。
セイヨウカラシナ
スポンサーサイト

日替アラカルト(11月29日)

収穫=ムラサキシジミ。
晴れだったのですが、南からの風が冷たかったので心配しましたが、なんとか数匹撮ることができました。


【ムラサキシジミ】 撮影日2012.11.28 場所「春日神社」
ムラサキシジミ115


【ムラサキシジミ】♀ 撮影日2012.11.28 場所「春日神社」
ムラサキシジミ116





【ヤマトシジミ】♂ 撮影日2012.11.28 場所「牛頸神社付近」
ヤマトシジミ112
翅の基部がシミのように黒ずんでいるので拡大してみると、灰色の鱗粉がはげ落ち茶色の地肌が露出しているようです。
ヤマトシジミ113




【オオスズメバチ】
茶の花の蜜を求めてやってきたようで、うろうろ花を探していました。
オオスズメバチ1

しばらくすると、葉の上で眠たくなったのか動かなくなりました。アゴを引き、触角は垂れてうづくまった感じです。
オオスズメバチ2

寝顔が撮れたのでお披露目します。
オオスズメバチ3

日替アラカルト(11月28日)

収穫=なし。

雨は降りませんでしたが、曇天で気温も10℃と寒い一日になりました。牛頸河畔を散歩しましたが、チョウは姿を隠し、アオサギが一匹いるだけでした。


【アオサギ】
この界隈では年中「コサギ」と共に住み着いています。釣りをしている人の背後でジッと待ち続け、外道で捨てられた小魚をちょうだいしたりする人馴れした鳥です。
アオサギ1

アオサギ2

DSCN9398 (444x295)

日替アラカルト(11月27日)

収穫=なし。

朝からの雨、気温も下がりかなりの降雨でした。空港に行く用があったのでチョウはあきらめ、ターゲットは「飛行機」にしました。見慣れない国際線の機体を撮っていると、チョウを撮っているのと似た気分にさせてくれます。しかし最近は聞いたこともない「航空会社」が多く、どこの国に所属するのかわからないのが実情でした。。

【エアプサン】 定刻(11:40) 行先(釜山)
ボーイング社のシリーズ737で機体番号は撮り損ねました。しかし独特なおむすび型のエンジンカウルが見られるので400型式なのかもしれません。500形式もあるようで、サトキマダラとヤマキマダラの違いを調べるような世界があるようです。
飛行機1

【タイ国際航空】 定刻(11:40) 行先(バンコク)
エアバス社の形式A330-343Xで機体番号はHS-TETです。調べるうちに機体番号を捕えていれば個体の履歴がわかるようです。
飛行機2
機体番号は主翼の付根に表示されていました。
飛行機6


【ユナイテッド航空】 定刻(11:40) 行先(グアム)
ボーイング社の形式 737-824で機体番号N-14240です。エアプサンと同じ機種みたいですが、こちらの方が第三世代の機体で全長も長く性能も良いようです。
飛行機3



【アシアナ航空】定刻(11:50) 行先(ソウル/仁川)
エアバス社の形式A330-323Xで機体番号はHL7741です。航続距離10,500 km 以上で乗客295名を輸送するそうです。
飛行機4



【エバー航空】 定刻(12:15) 行先(台北)
エアバス社の形式A330-302Xで機体番号はB-16331です。2011年に人気の「ハロー・キティジェット」を福岡~台北間に導入したそうです。この個体は「マジックスター」とよばれる図柄で、他にA330-300シリーズには「アップル」と「アラウンドザワールド」があるようです。
飛行機5
             調べていると奥深さがにじみ出てきます。

日替アラカルト(11月26日)

収穫=キタテハ。

快晴の無風。絶好の日和でしたので、昔はチョウの採集地として名をはせた福岡市の南公園(動物園・植物園)に行ってみました。しかし「ヤマトシジミ」1匹だけという予想外の苦戦。日があたるうちに帰宅し、近場を回ってみました。

【南公園・動物園】
これだけの緑地をバックにしているのに、全くいませんでした。正面奥の白い建物はチンパンジーの獣舎です。
動物園

【南公園・植物園】
花が咲いていた割に、セセリ・シジミ類がいないのが不思議です。時間もベストの11時30分なんですが…
植物園




【キタテハ】(秋型) 撮影日2012.11.25 場所「春日公園・付近」
地元はやはり田舎なんですね。すぐに見つかりました。
キタテハ112



【ヒメアカタテハ】 撮影日2012.11.25 場所「春日公園・付近」
ヒメアカタテハ107
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-