日替アラカルト(7月22日)

収穫=クロアゲハ。
 
牛頸ダムに行く途中でにわか雨にあいましたが、がんばってたどり着くとすぐにクロアゲハに出会えました。喜びもつかの間、暗雲が立ち込め、雷鳴がとどろき、雨が降り出したので、自転車で逃げるように帰宅しました。


【クロアゲハ】♂(夏型) 撮影日2012.7.21 場所「牛頸山」
にわか雨が降った後の湿った地面で吸水していました。
クロアゲハ41

後翅にある赤い弦月紋は春型に比べると縮小し目立たなくなっています。
クロアゲハ42

後翅の後角は真っ黒で、赤い斑紋は見当たりません。
クロアゲハ43
スポンサーサイト

日替アラカルト(7月20日)

収穫=ジャノメチョウ。
 
曇り。 「ジャノメチョウ」が、そろそろ発生しているだろうと思って、牛頸山の南側に行って見ました。南風が強く、チョウがとまった草が暴れて撮影に苦労しました。
 
【ジャノメチョウ】 撮影日2012.7.19  場所「牛頸山」
福岡県では「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されていますが、今日は普通種みたいにワサワサたくさん飛んでいました。
ジャノメチョウ12



上図のように翅色の「黒っぽい個体はオス」で「淡い色はメス」だそうですが、個体差が有り微妙です。
ジャノメチョウ11



「ヒメジョオン」の大きさと、ジャノメチョウを比較すると、けっこう大きなチョウです。ツマグロヒョウモンと同じくらいでしょうか。
ジャノメチョウ15



翅表もオスの方が黒っぽいそうですが、この個体はお尻の形からするとオスみたいな感じがします。
ジャノメチョウ13

日替アラカルト(7月19 日)

収穫=ルリタテハ。
 
晴れのち曇り。 台風7号の影響で朝から強い南風が吹き込み、暑い一日になりました。今日は天気の割には不漁でした。

【ルリタテハ】撮影日2012.7.18 場所「牛頸山」
キマダラヒカゲの夏型を再々度撮りに行きましたが、今日も振られて「ルリタテハ」になりました。
ルリタテハ47



【コミスジ】 撮影日2012.7.18 場所「牛頸山」
チラホラ出会うようになりました。比較的綺麗な個体です。
コミスジ23



【ウラギンシジミ】♂ 撮影日2012.7.18 場所「牛頸山」
歴戦の生き残り組みでしょう。翅がほとんど残っていません。
ウラギンシジミ58

日替アラカルト(7月17日)

収穫=クロアゲハ。
 
晴れ、のち雨。 午前中だけが日差しがありましたが、昼前に雨なりました。「キマダラヒカゲの夏型」を昨日取り逃がしたので、再度挑戦しましたが「コナラ」の餌場にはお留守でした。代わりにノコギリが陣取っています。
虫10





【クロアゲハ】♂(夏型) 撮影日2012.7.16 場所「牛頸山」 
小雨が降り出して来たときに、ゆるやかな飛び方で現われました。たぶん雨宿り場所を探しているのだろうと見ていると、目の前の羊歯の葉にとまってくれました。
クロアゲハ38

しばらくすると、湿った路上に降りて吸水を始めます。
クロアゲハ39

小刻みに翅を動かし、静止することはありませんでした。
クロアゲハ40






【コミスジ】 撮影日2012.7.16 場所「牛頸山」 
しばらく見ないので、気になっていました。
コミスジ22





【ヒメアカタテハ】 撮影日2012.7.16 場所「牛頸山」 
道端の「キバナコスモス」にやってきました。
ヒメアカタテハ63

日替アラカルト(7月16日)

収穫=ミヤマカラスアゲハ。
 
曇りときどき晴れ間。 長かったドカ雨もようやく上がったのでダム方面に行ってみました。水辺公園の遊歩道は増水して水没し探索範囲も限られましたが、ときおり夏の暑い日差しがさし、気温も上がってきたので有望な日となりました。


【ミヤマカラスアゲハ】♀(夏型) 撮影日2012.7.15 場所「牛頸山」 
今夏、初めてのゲット。 やはり大きさ、色彩、姿など総合力で一級品ですね。
ミヤマカラスアゲハ59





【クロヒカゲ】 撮影日2012.7.15 場所「牛頸山」
第2化でしょうか、しばらくぶりに出てきました。傷も無い真新しい美品です。
クロヒカゲ23





【クロコノマチョウ】(夏型) 撮影日2012.7.15 場所「牛頸山」
翅色が黒色が強く、翅型と斑紋が乏しいのでオスではないかと思います。 
クロコノマチョウ52

【クロコノマチョウ】 撮影日2012.7.15 場所「牛頸山」
秋型は9月頃登場するようですが、この個体は上図より1廻り大きく、前翅の先端が嘴状になり、後翅の突起も長く、「秋型」の条件をそなえています。でも時期を考えるとやはり「夏型」なのでしょう。翅色からするとメスかもしれません。
クロコノマチョウ53
 



【ヒメウラナミジャノメ】 撮影日2012.7.15 場所「牛頸山」
後翅の大きな2個の「蛇の目」の下に小さな2個の「目」がありますが、今まで撮ってきたのは1個が多かったようです。
ヒメウラナミジャノメ28
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-