クジャクチョウ

【クジャクチョウ】 撮影日2012.5.4 場所「甲州市塩山」
関東や中部では高地に棲息し、越冬したものは、4~5月頃に現われるそうです。はじめて撮影したときは、小躍りして喜んだのですが、このチョウも普通種のようでキタテハ程度に現われるのにはガッカリしました。
クジャクチョウ2


【クジャクチョウ】 撮影日2012.5.4 場所「甲州市 塩山」
ルリタテハの裏翅に似ていますが、紋様が繊細で優しそうな感じがします。
クジャクチョウ3



【クジャクチョウ】 撮影日2012.5.4 場所「山梨市 乙女高原付近」
切り通しに吹き付けられたコンクリートに、暖を求めて多数集まっていました。
クジャクチョウ4






【クジャクチョウ】撮影日2012.5.6 場所「甲州市塩山」
クジャクチョウ6





【クジャクチョウ】撮影日2012.7.27 場所「山梨市・乙女高原」
「シモツケ」の花で吸蜜です。艶やかさからすればこのチョウに勝るものは無いといってもいいでしょう。私のバイブル「保育社・原色日本蝶類図鑑」のカバーのモデルになっています。
クジャクチョウ7


【クジャクチョウ】撮影日2012.7.27 場所「山梨市・乙女高原」
「ヒヨドリグサ」にやって来ていました。
クジャクチョウ8



【クジャクチョウ】 撮影日2015.7.20場所「北海道足寄郡 足寄町」
途中休憩の駐車場に咲いていたシモツケにいました。北海道では多いだろうと想像していたのですが、チラホラ見る程度で撮影は今回が初めてです。相変わらず動きの速い奴で、すぐに飛び去りました。
クジャクチョウ



             

【クジャクチョウ】 撮影日2015.7.21場所「北海道鹿追町 然別湖」
展望台その土手に「ヒヨドリバナ」が咲いていました。集客力は抜群です。
クジャクチョウ



【クジャクチョウ】 撮影2011.10.9 場所「北海道・知床五胡」
レストハウスのアルミサッシで日向ぼっこです。ウトロ港でも1匹目視できました。
クジャクチョウ1
スポンサーサイト
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-