日替アラカルト(10月22日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=ヒメジャノメ
今日は雨。昨日、午後から隣町に出かけたときの獲物です。

【ヒメジャノメ】 撮影日2017.10.20 場所「糟屋郡 久山町」
久しぶりにヒメジャノメにであいました。山に出かけることが多いせいか、コジャノメのほうが見かける頻度が高いようです。
ヒメジャノメ




【アカタテハ】 撮影日2017.10.20 場所「糟屋郡 久山町」
家庭菜園の物置小屋にとまったアカタテハです。新鮮な個体なので、最近羽化したのかもしれません。これから越冬し、来年産卵するための予備軍なのでしょう。
アカタテハ




【クロコノマチョウ】 撮影日2017.10.20 場所「糟屋郡 久山町」
足元から4匹、ワサワサ飛び出してきてびっくり。秋型の本格的シ-ズンに入ったようです。
クロコノマチョウ
スポンサーサイト

日替アラカルト(10月21日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=タテハモドキ
秋雨前線の停滞で天気の悪い日が続きました。今日は久しぶりの晴れになったので、気になっていたタテハモドキの秋型を撮りに行きました。

【タテハモドキ】秋型 撮影日2017.10.20 場所「太宰府市 四王寺山麓」
水田は稲の刈り取りが終わり乾燥した状態になっているので、水辺の好きなこのチョウは休耕田の湿地に移動していました。
タテハモドキ

秋型は夏型に比べると赤っぽい濃いオレンジ色に変わるので、飛んでいても識別がつきます。
タテハモドキ

たくさんいたのですが、午前中で気温が低かった為か、翅をすぐに開いてしまいます。翅を閉じた姿は撮れませんでした。
タテハモドキ




【タテハモドキ】夏型 撮影日2017.10.20 場所「太宰府市 四王寺山麓」
全部で十数匹飛んでいましたが、まだ半数を超えるぐらいが夏型でした。しかし鱗粉ははげ落ち、外縁がささくれだった個体が多かったようです。
タテハモドキ

この夏型は比較的良い状態です。湿地に群生するミゾソバの花で吸蜜です。
タテハモドキ


日替アラカルト(10月10日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=ウラナミシジミ

【ウラナミシジミ】撮影日2017.10.9 場所「糟屋郡 久山町」
高速で移動する、このチョウを見かけるようになると、秋も深まった感がします。
ウラナミシジミ

ちらっと翅表を見せてくれたところから察するとメスのようです。
ウラナミシジミ

アレチハナガサは南アメリカ原産の外来植物だそうですが、口に合うのか種々のチョウが吸蜜にやってきます。
ウラナミシジミ

日替アラカルト(10月8日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=クロコノマチョウ
先日、地元の山でクロコノマの「秋型」を探してみましたが、見つからなかったの隣町まで出かけました。

【クロコノマチョウ】♂撮影日2017.10.7 場所「糟屋郡 篠栗町」
いるには居たのですが、この1匹だけです。昨年17日に訪れた時は20匹近くもいたので、時期的に少し早かったかもしれません。
クロコノマチョウ

色調からするとオスみたいです。
クロコノマチョウ

日替アラカルト(10月6日)

福岡県春日市・大野城市に生息する蝶の生態写真を中心に撮っています。未撮影のものや面白い写真が撮れればカテゴリ欄の「種別」に追加していってます。

収穫=アゲハ
昨年3年ぶりに発生したクロマダラソテツシジミが今年も現れていないかと思い、実績のあるポイントを巡ってみましたが見当たらず。今年はパスしたよう思われます。撮ったのは畑の花壇で見られた今どきのモデルです。

【アゲハ】撮影日2017.10.5 場所「春日市 牛頸川中流」
ナミアゲハは、住宅地では結構飛んでいます。しかし中旬ぐらい迄で下旬には姿を消すでしょう。
アゲハ

オスですね。
アゲハ




【モンシロチョウ】撮影日2017.10.5 場所「春日市 牛頸川中流」
モンシロは畑で4~5匹元気に飛んでいました。12月まで生き延びるのでしばらくは大丈夫です。
モンシロチョウ




【ヒメアカタテハ】撮影日2017.10.5 場所「春日市 牛頸川中流」
秋になると数を増やしてきます。
ヒメアカタテハ

キバナコスモスの周りに、3匹ほど訪花していました。
ヒメアカタテハ




【チャバネセセリ】撮影日2017.10.5 場所「春日市 牛頸川中流」
ランタナで4~5匹群れていましたが、すべてチャバネでした。イチモンジは見当たらず。
チャバネセセリ

チャバネセセリ
プロフィール

Shouchan.K

Author:Shouchan.K
小学5~6年生時代に昆虫採集を福岡市「鴻巣山」で経験した時に、父親に「原色日本蝶類図鑑」(保育社・34年刷)を買ってもらう。現在も活躍中。
60才にて定年退職しヒマになる。値上げと入院をきっかけに、長年の友「タバコ」と疎遠になる。禁煙により体重が5kg増えたので、カミサンが散歩を指示。漫然と歩くだけでは面白くないので、蝶の生態写真を撮りながらウォーキングすることを思いつく。
2010年9月より撮影活動に入る。雨の日を除いて、ほぼ毎日2時間~3時間、牛頸川流域を徘徊する。
2011年6月、ある程度写真が溜まったのでブログに掲載。
2011年8月「日替わりアラカルト」開始。

テリトリー:福岡県御笠川水系・牛頸川流域「大野城市の蝶・春日市の蝶」
流域種数:64種(2017年現在)      

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-